修理専門店 横笛の邦声堂

iモード、モバイル用はこちらをクリックしてお入りください

横笛の邦声堂トップページ
横笛研究会・通信指導<横笛の作り方・吹き方>
笛師の部屋
篠笛の部屋(邦楽・長唄編)
篠笛の部屋(古典調・囃子編)
能楽の部屋
雅楽の部屋

横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)

横笛特集
邦声堂からの提案
広げよう横笛の輪 横笛リンク集

横笛・小鼓クリニック

(笛と鼓の修理専門コーナー)

(2017/09.18)
ここは横笛と鼓の病院です(小鼓部門は平成24年から新設しました)。頭部分の欠け、管体の割れ、漆の剥がれ、姿や形、見てくれや鳴りの悪さ、蜜蝋や巻きの欠落など、様々に傷ついた笛が運ばれてきます。小鼓も長年の打ち込みの結果、皮の破れ、千綴じや十六の切れ、腰敷の割れ、虫喰、ピンホールなど、様々に傷ついた胴や皮が運ばれてきます。すべてが大切に使われてきたとは限りません。古道具屋で長年にわたって放っておかれた笛や鼓、また、ネットオークションで入手したお道具など、傷み具合は実に様々です。それら様々の症状をよく診て、持てる技術を駆使し、何とか元通りの状態に戻し、社会復帰させることを目的としています。最近ではオークションに出品する前のリメイクとして持ち込まれるケースも増えました。どうしても治らない手遅れのものもありますが、時間をかけて丁寧に対処すれば大概は治ります。笛や鼓の寿命は人間よりも何倍も長いものです。保険はききませんが、諦める前に是非一度、ご相談ください。
ご相談の方はをクリックしてお問合わせください。
鳴らない笛、鳴らない鼓のご来院お待ちします。

さらに詳しい症例の画像はこちらをクリックしてご覧ください。横笛・小鼓クリニック<その二>

白篠竹篠笛・天然煤竹篠笛
能楽器・能管
能楽器・小鼓
雅楽器・龍笛・篳篥・高麗笛・神楽笛
その他獅子笛など


白篠竹篠笛・天然煤竹篠笛

六本調子の古い囃子笛

相当に古い囃子用の篠笛です。巻きは全部剥がれ、管内の漆もはげています。管尻に向かっては踏んづけたのか、あるいは重い荷物の下敷きなったのか、ばりばりに割れています。細かく見てみるとV字割れていて、接着剤の入れようがありません。管内から膨らませるようにして接着してもとても音の出る状態には戻りません。残念ですが、助けようがありませんでした。ケースに入れて大切に保存してあげたいと思いました。


六穴明笛

40年ほど蔵で眠っていた笛とのことでした。この機会に全体的にオーバーホールしたいとの依頼でした
修理完了しました

管内の漆を剥ぎ、細かい割れも大きなヒビもしっかり接着し、下地から朱合い漆と丁寧に塗り直しました。頭と管尻の飾り金具もしっかり留めました。


蜻蛉作 七本調子唄用篠笛姿管

蜻蛉さんの七本調子唄用の管尻近くが割れました。長めに二本ひびが入ってます。これを接着させ、天地籐巻きに治します。籐巻きのない姿管ですが、ビニールテープを剥がして、この機会に天地籐巻き(3厘籐)にすることにしました。
修理完了しました
  
割れは生漆で接着し、ビニールテープの巻きを天地の籐巻きにしました。


獅子田作 六穴ドレミ管
 
某大学の三曲研究会で使われている六穴のドレミ管にひびが入ったとのことで持ち込まれました。幸いに発見が早く広がらない内に留めることができました。


秋田県能代地区神楽用6穴明笛
  
秋田県能代地区で使われている神楽笛です。明笛と全く同じ笛ですが、ここではお神楽で奏されてるとのことでした。おじいさんの代から、かれこれ60年ほど前の笛だそうです。響き穴はテープで塞がれ、きちんとした長音階のでる笛ですが、全体に割れが入り、籐巻きも緩んでいます。頭の栓は取れていて、化粧品の便のキャップで代用されています。
修理完了しました
  
見違えるほど立派な姿に治りました。管内の漆もきれいに塗り直し、割れもしっかり接着しました。籐は新たに巻き直し、頭の栓も黒檀で仕上げました。納得の直しになりました。


能楽器・能管

古い能管


一見十六割に見える古い能管です。なんとも音が出ません。どこが割れていて鳴らないのかがはっきりしません。それを見つけるのが大変です。巻き自体も全体が浮いていて、外すと一気にばらばらになりそうな気配です。非常に時間の掛かる難しい修理になりそうです。頭部分は細い竹に9つの短冊が巻かれていました。初めて見る珍しい管です。


能管

長年の経年による密蝋の劣化によって錘を留めておくことができず飛び出してしまいました。頭金を外し、密蝋を抜いて錘を新しく作り、楔を打って確実に留め、その上で密蝋でしっかり固定することにしました。


能管

頭金がとれてしまいました。密蝋を熱したコテで溶かしながらはめます。
修理完了しました

簡単な修理でした。まんべんなく密蝋をコテで熱し、溶けたところで静かにはめ込みました。接着は密蝋のみで接着剤は使わないのが常道です。


能管

古い能管です。強い力が加わったのでしょう、頭とノドのところで折れています。指穴のところでも折れています。衝撃的な力だったのでしょう。頭金も取れています。
修理完了しました

巻きを剥がして中を開けたところへぎ板はなく、和紙が巻かれていました。ノドも同様折れて割れていました。全体にひびが入り、音の出る状態に戻せるか心配でしたが、かろうじて鳴るようになりました。これ以上の直しは無理なところまで接着しました。笛としては見た目よりも重傷でした。


能管
   
20年ほど前に購入されたという能管です。管尻に近いところの指穴を跨いで割れが入りました。桜の樺も一緒に割れています。朱漆の塗り直し覚悟でするか、接着剤のみでするかちょっと見当の必要があります。頭部分から錘がすんなり外れればいいのですが、直接流しこんでる場合もあり、ちょっと厄介です。
修理完了しました
  
指孔間の割れは管内の漆にまで達していました。そのため、漆を取り、頭金を外し、錘を抜いて全体を通して塗り直しました。桜樺までひび割れていた数か所のひび割れは、漆で丹念に接着し、きれいに補修しました。これで百年安心の修理になりました。


能管
  
頭部のつなぎ目からすっぽり抜け落ちた能管の修理です。頭の錘は二つに分かれていて、蜜蝋で留めたようでした。錘を入れ替える方法ではなく、なるべくそのままの状態で繋ぎたいとのことでした。ホゾ材がしっかりしているので、とりあえずの修理ということで接着することにしました。とはいっても樺巻きがそのまま全部は使えないので、1~2センチくらいは引き直して繋がなくてはなりません。色合いがうまく出せればいいのですが、経年の汚れをそのまま出すのは難しいです。
修理完了しました
  
修理が完了しました。仮の接着に瞬間接着剤が使われていなかったため、比較的スムーズに作業が進みました。樺も細かく繋ぐことができ、元の色合いが保てました。これで取れないと思いますが、今度、再度取れた場合は錘から作って入れ直すのがいいでしょう。照楽氏が担当しました。


能楽器・小鼓

小鼓古皮

 
よく使い込まれた皮です。十六の塗りが剥がれてきました。幸いにも糸切れはありませんので比較的簡単に塗り直しができると思います。十六以外にも調穴に剝れがありますので、ここも補強することになりました。予算の関係で画像左の裏皮を先に補修することになりました。
修理完了しました
 
裏皮(画像左)の修理が終わりました。厚めにしっかり塗ってあります。花形と調穴も塗りました。


小鼓古皮 大極上別撰
 
 
京都の老舗が扱った大極上別撰の老皮です。最近では珍しいほどの上質の皮で、プロが舞台で使うにふさわしい鳴り方です。打ち皮(表皮)は十六に糸切れが半分ほどあり、裏の腰敷にも大きく深いひび割れがあります。部分的な補修ではすぐに割れてしますますので、思い切って完全に作り直すことになりました。また、響き皮(裏皮)の十六はそのほとんどが切れてしまっています。これも縫い直すのですが、予算的なこともあり、今回裏皮の腰敷はこのままにして様子を見ることになりました。皮質が抜群によいので大切に直すことになりました。
修理完了しました
  
修理完了しました。切れた十六はしっかりと縫い直し、腰敷も完璧に作り直しました。これで安心して打っていただけます。裏皮もいずれは作り直しが必要になりますが、まだまだ先のことです。この修理は人間国宝の鼓職人の方が担当しました。


雅楽器・龍笛・篳篥・高麗笛・神楽笛

古管龍笛
    

  

  
東通丸という銘のある古管龍笛の修理の依頼です。真贋のほどは判りませんが、東大寺に所縁のある笛だそうです。どのようにしたらこんな割れ方をするのかわかりませんが、強烈な割れ方です。余程重い物が落ちてきたのでしょう。笛筒は無事でした。巻きを全部はがしてみないことには、割れと傷みの詳細が分かりません。果たして治せるかどうか、どの程度まで治せるかなど、いろいろ検討し、それから手順を考えようと思います。とりあえず預かることになりました。
修理完了しました

  
(画像をクリックすると拡大します)
  
樺巻きを外すとバラバラになる状態でした。細かな断片を接着し、管体を組み直すところから始めました。巻きの下には赤の絹糸を巻きさらに生漆で補強。管体を強くしたのち、へぎ板で形を整え、下地漆で内径を作り、朱漆を施しました。仕上げには桜樺を引き、時代感を揃えるため拭き漆を繰り返しました。頭の先の部分に元の巻きを残していますので、それと違和感が出ないよう、細心の注意を払って仕上げました。元の音がどのようであったかは判りませんが、かなりの鳴りになったと思います。非常に難しい作業が続きました。


古管神楽笛
 

  
古管神楽笛の修理です。相当に激しい痛みです。頭部は折れています。巻きも緩んだり剝れたりしています。頭部を外し、ホゾを入れて繋ぎ、管内は漆をとり、下地から塗り直します。バランスを取り直し、全体の巻きを外して新しく巻き直します。最後は埃漆を施し、見違えるような笛に仕上げ直します。
修理完了しました

 
(画像をクリックすると拡大します)
 
古管神楽笛の修理が完了しました。9ヶ所の折れをつなぎ合わせ、錘を取り換え、バランスを直し、管内の漆もきれいに塗り直し、錦の栓も新しくしました。本当に見違えるような神楽笛になりました。依頼された方もその見事な仕上がりの姿に大いに満足されていました。いい仕事ができたと思います。



古管神楽笛
 

  
某オークションで落札したという神楽笛が持ち込まれました。頭部分がばらばらにはずれ、音が出ないとのことでした。画像で見る通り頭部を繋ぐホゾ材を利用して頭部の錘が入っています。唄口の削り方が悪く、音は出ません。まず、歌口を小さく整形し、管内の割れを治し、頭の錘を作り直して正しいバランスにして、吹きやすい状態にします。全体を整え神楽笛本来の姿に戻します。
修理完了しました

  

  
傷みの激しい神楽笛でした。全体が5つの部分に分かれて繋がれていました。そのうちの頭部の2か所が折れていました。蝉の部分に割れがあるためホゾ材が入らず、新しい頭部材で繋ぎました。音の出ない原因が歌口の形にあったため、歌口をきれいに修正し、よく鳴るようにしました。管内も漆を取り、朱漆を塗り直し、籐巻きの剥がれたところは新しく巻き直しました。錘も作り直し、いいバランスに仕上げました。新しく生き返ったような神楽笛になりました。満足のいく修理になりました。


龍笛
  
京都で作られたと思われる龍笛の修理です。頭の錘、蜜蝋、頭部巻きの緩み、管内朱漆の塗り替え、割れの修復、ピッチ調整、等、細かく調整修理します。割れの深いところがあり、音が出しづらくなっていますので、まず、割れを治してから音律を見ながらの修理になります。
修理完了しました
  
  
管体の割れ、頭の錘のぐらつき、蜜蝋の詰め直し、朱漆の塗り直し、など、滞りなく治しました。もう少し管体が太くて肉厚があれば、下地漆を調節して音律を整えることができたのですが、限界でした。厚みを取りすぎると龍笛の音色が亡くなってしまうためです。ちょっと高めの音律ですが、これはこの笛の個性だと思います。無事音が出るようになってよかったです。


龍笛

  
龍笛の修理です。うっかりして車の中に置いておいたら蜜蝋が溶けてながれ出したとのことでした。管内全体に流れていました。取り除くには大変な作業になりそうです。
修理完了しました
  
蜜蝋が溶ける温度にお湯を沸かし、管内にこべりついた蝋を根気よくきれいに取り除きました。よく竹が割れなかったと思います。


その他獅子笛など

獅子笛
 

 
下の画像と同じく福岡県鞍手郡に伝わる獅子舞用の笛です。相当に古い笛でして途中の修理で巻かれた籐が飴色に変色しています。籐巻きの剝れ、管尻のひび割れ、頭部分の欠け、管内漆の剝れ、をすべて修理することになりました。見違えるほどに見事に生まれ変わる予定です。
修理完了しました
  
獅子笛の修理が完了しました細かい割れがたくさんあり、籐を外してしっかり接着し、管内の漆も完全に塗り直しました。籐も新たに巻き、頭の栓も復元しました。これで100年は使えます。見違えるほどの見映えに生まれ変わりました。


獅子笛
 

 
福岡県鞍手郡に伝わる獅子舞で使用される獅子笛です。頭部のひび割れ、頭の詰物、吹き口の壁などが欠落しています。管内の朱漆もところどころ剥げています。それらを丁寧に修理することになりました。
修理完了しました
 

 
獅子笛の修理が完了しました。管内の漆はきれいに取り、新たに塗りました。割れも目立たないように接着し、頭の欠落部も修復しました。いい仕上がりになったと思います。


剣舞用横笛
 

 
青森県東津軽郡平内町に伝わる剣舞で使われる六穴横笛の修理です。完全に折れてるのが2ヶ所、全体に割れが入り、唄口周りは金具で留めてあります。管内の塗りは剥げ落ち、外の塗りも傷んでいます。手間を考えますと、新たに購入するほうがはるかに安いと思うのですが、保存会としては昔から伝わる貴重な笛で、何とか修理をして後世に残したいとのことでした。そうなれば何としても復活させようと燃えてくるものです。相当に時間はかかると思いますが、チャレンジ精神で取り組むことにしました。どうぞ期待して見ていてください。
修理完了しました
 
(写真をクリックすると拡大します)
ようやく完成しました。見違えるほど見事に復活しました。修理前の状態とは比べ物になりません。写真の右は歌口に使われていた割れた竹と補強の意味ではめられていた金具です。すべて新たに作り変えました。管内の下地と朱漆、外側の籐総巻きとその上の呂色漆、手間がかかりましたが見事な復活です。村の剣舞保存会の宝物になるそうです。退院おめでとうございます。


お好きなページに移動します。
邦声堂トップページ
新管情報(在庫状況)
注文製管の部屋

ネットショッピングお買い得情報
祭囃子・獅子舞・神楽の部屋
雅楽の部屋
能楽の部屋

横笛研究会・通信指導(笛作りメール会員募集)
横笛特集 (伝承の笛・現役の笛を新規に追加
邦声堂からの提案(音楽専科の教員になる人のために
広げよう横笛の輪 横笛リンク集


邦声堂連絡方法

修理のお問い合わせは、電話、FAX、郵便、お問合せフォームでの「送信」ボタンにてお受け致しております。
このボタンを押して、「問合せフォーム」へお進みください。
記入欄に書き込みましたらFAXまたは郵送の場合はそのまま「印刷」してください。
「送信」ボタンを押しますと、邦声堂の高橋宛のメールとなって自動的に発信されます。

TEL. 0428-20-7567

FAX.0428-24-9850

邦声堂
〒198-0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3-525-5
代表:高橋尊信
E-mail: yokobue.takahashi@nifty.com


直接お越しになる場合は予めご連絡をお願いします。(日曜・祭日もOKです)
使用しております写真、表、記載内容などの複製、再利用はご遠慮ください。



■通信販売法に基づく表記
平成10年6月通産省より通達のありました訪問販売法の改正によって、インターネットで代金を受け取る販売を行う場合の、訪問販売法第8条に基づく通信販売業者の告知義務により、以下の義務項目を表示しています。
店舗名:邦声堂
販売業者:邦声堂
責任者:高橋 尊信
所在地:〒198-0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3-525-5
TEL/0428-20-7567
FAX/0428-24-9850
URL http://yokobue.la.coocan.jp/
E-Mail yokobue.takahashi@nifty.com
商品代金 商品紹介ページに記載
有効期限 変更あるまで
不良品:取扱い商品全般につきまして、欠陥のあるものに対しては交換します。
返品:商品の返品は原則としてご容赦ください。
商品以外の料金:消費税、送料をご負担いただきます。
引き渡し時期:注文受付後1週間以内。特別注文品は完成時期、納品時期を別途お知らせします。
お支払方法:銀行振込もしくは郵便振替
手数料:お客さま負担でお願いします。
お支払い期限:商品到着後3日以内
返品期限:商品到着後、7日以内
返品送料 お客様ご負担でお願いします。