作って・吹く 横笛研究会

iモード、モバイル用はこちらをクリックしてお入りください

横笛の邦声堂トップページ

笛師の部屋
篠笛の部屋(邦楽・長唄編)
篠笛の部屋(古典調・囃子編)
能楽の部屋
雅楽の部屋

横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)

横笛特集
邦声堂からの提案
広げよう横笛の輪 横笛リンク集

篠笛サークル”横笛研究会”
<はじめての篠笛、作り方・吹き方

(2017/09.18)
ここでは横笛研究会の活動状況をお伝えします。

<篠笛はじめの一歩>
笛を作り、その笛を吹く。昭和59年に発足した横笛研究会は今年で33周年を迎えました。「継続は力なり」を信じて月に1回のペースで続けてきた定例会での活動。華やかなカルチャーセンターとは違って地味ではありましたが、確実に力がついてきたように思います。篠笛を作れば、手ほどきから始まり、わらべ唄、子守唄を経て、抒情曲、独奏曲、民謡、長唄、祭り囃子と・・・、能管を作れば、能楽囃子や長唄囃子へと・・・、龍笛を作れば雅楽へと・・・、それぞれの笛が活躍する世界を体験してきました。あせらずコツコツをモットーに、これからも活動を続けて行きます。ここではその活動の様子を紹介します。
このページを見て、「私もやってみようかしら」と思われたら、その日が吉日。スタートに早いも遅いもありません。どうぞ日常生活の中の楽しみ事にしてください。

例会日3ヶ月間の日程は次の通りです。9月は24日(第4日曜)、10月は22日(第4日曜)、11月は26日(第4日曜)、いずれも西戸山生涯学習館で行います。見学OKです。

よかったらあなたも仲間に入りませんか。いっしょに笛を作り、楽しく吹きませんか。初めての方や初心者大歓迎です。会費は1,500円/月です(安いです)。
(見学または入会を希望される方/メールの場合はをクリックして予めご連絡いただくか、電話にてお知らせください。
(0428-20-7567又は090-9157-1427高橋まで)


平成29年度の活動状況
平成28年度の活動状況
メール会員、通信指導の記録
特別記録:海廣講師による"画像で見る煤真竹八割り返し能管製作実施記録"

平成28年度以前の活動状況


フォートギャラリー<篠笛はじめの一歩>

8月の例会の様子

篠笛の予習から始まり、篠笛の初級個人稽古へと。叙情曲、子守唄、長唄めりやすなど、思い思いの曲で稽古を受ける。この日は5名が受講。

11時30分からは笛作り実践。この日は密蝋による頭金の付け方を実戦解説した。また、最後は通信指導龍笛作りの最終チェックをし、見事合格となった。

12時40分から篠笛の実技がスタート。今月の歌「宵待草」を全員で吹き、2重奏曲「飛騨物語」第3話を吹いた。

子守唄・民謡では新しい曲「中国地方の子守歌」を初練習し、民謡「刈干切唄」を唄入りで吹いた。14時から「明の鐘」を皮切りに長唄が始まる。

「鶴亀」「連獅子」と続き、「娘道成寺」へと進む。中級曲「都鳥」を二人吹き、季節に合わせて「菖蒲浴衣」を全員吹き。最後は「汐汲」で締めた。

15時30分から高麗楽「納曽利」の特訓を受ける。高麗笛も大分吹けるようになってきた。最後は能楽「中之舞」を吹き、「羽衣」のキリを謡う。
この日より「序之舞」の指導が始まる。本日、篠笛18曲、高麗笛1曲、能管2曲(長唄を入れると5曲)、全くよく吹いたものだと改めて感心する。


7月の例会(浴衣会)の様子

笛作りの合間を見て、一人10分程度の個人稽古、これが勉強になります。笛作り今回のテーマは龍笛の下地塗りの確認と音律調整。黄鐘430Hz、そこが難しいところだ。

長唄初級者の下浚い、本日は浴衣会ということで気合いが入っている。「連獅子」「鶴亀」に続いて中級用「都鳥」の下浚い、唄・三味線に合わせて心地よく響く。

午後の部は全員奏「庭の千草」でスタート。篠笛二重奏「飛騨物語」の最終音合せから始める。第1パート第2パートと二組に分かれて確認する。

いよいよ本番。今年は平場での開催となったが、男性陣の浴衣姿が目立った。気合いの入り方がよく伝わってきて、いい雰囲気になってきた。

続いては長唄の発表。「連獅子」「鶴亀」から「都鳥」へと。そして「小鍛冶」へ。セリの合方、ノット、来序、働き、早来序、段切れ、と、能管の独特の手が続く。

季節にちなんだ「菖蒲浴衣」、最後に「助六」と手強い曲が続く。10分休憩の後、子守唄・民謡へ。「五木の子守唄」「島原の子守唄」に続いて「木曽節」を皮切りに。

「稗搗節」「祖谷の粉ひき唄」「刈干切り唄」へと。10分休憩を挟んで能楽の能管全員奏「中之舞」、そして謡い「羽衣」のキリへと。

雅楽平調音取「越殿楽」、最後は高麗楽壹越音取「納曽利」でお開きに。今月も盛りたくさんの実りある浴衣会となった。打ち上げのビールがうまかった!!


6月の例会の様子

篠笛初級個人稽古、音もしっかりと出るようになり、篠笛らしく吹けるようになってきた。その合間を縫って、笛作りの雑談が始まる。

前回の篠笛の作り方に続いて、頭部分の処理の仕方を学ぶ。2つ目のコルクをきっちり詰めてヤスリで平らに整形し、2ミリ厚の板を接着させ、頭部と同様に丸く刃物削って、滑らかな丸みをつける。最後はは紙ヤスリ#240番できれいに仕上げる。歌口の壁用のコルクと頭部のコルク栓の間の空間は砥の粉を粉末のまま入れて埋める(これは秘訣)。

篠笛長唄初級のお稽古「連獅子」と「鶴亀」、どちらもしっかり吹けるようになってきた。続いて長唄「末広狩」下浚い、気分は本番そのもの、真剣勝負だ!全力で唄って吹いて、本当に気持ちがいい。

続いて、篠笛新曲の部。今回は篠笛二重奏「飛騨物語」より「第一話 紅殻格子と犬矢来」「第二話 囲炉裏端」を二人ひと組で練習する。篠笛らしい心のひだを描く名曲だ。
<末広狩>
長唄囃子の下浚い、「連獅子」と「鶴亀」出来映えは上々。続いて「小鍛冶」、笛は能管のみで強い中にも柔らかい部分のある、長唄らしい曲だ。次は「都鳥」全部が篠笛だけの曲、三味線の地拍子に沿って篠笛が縫うように綴られてゆく、これも名曲だ。最後は季節にピッタリの「菖蒲浴衣」。実はこの前に「末広狩」の本発表が入っていたのだが、カメラ担当が演奏に聴き惚れて映すのを忘れたそうだ。残念!

続いて民謡、子守唄の部。「五木の子守唄」「島原の子守唄」、「木曽節」「祖谷の粉ひき唄」「刈干切り唄」を唄に合わせて吹く。

雅楽の部に移って、高麗楽の「納曽利」を吹く。指を回しながら打つ、その特徴ある動かし方から雅楽らしさが生まれるようだ。

最後は能楽、能管で「中之舞」を全員で吹き、「羽衣」のキリを全員で謡う。今月も盛りたくさんの内容のある活動となった。


5月の例会の様子

マンツーマンの篠笛初級クラスの個人稽古。少しずつだけれども着実に上達する。新会員の篠笛作りを皮切りに龍笛の下地ができ、音律が決まるまでの期間を利用して、篠笛作り実践講座がスタートした。

手順は手引き書の通り。笛材を固定、中心線を引き、錐(竹用ドリル)で小穴を開け、小刀で規定の寸法にまで広げる。きれいに整えるには紙ヤスリを細棒に巻き付け、根気よく削る。歌口と指穴を完成させてから次回仕上げに入る。よく切れる刃物は削るときの音が気持ちがよい。ショリッショリッと、鰹節を削るときの音に似ている。

12時30分からは長唄初級「連獅子」「鶴亀」の稽古。続いて浴衣会用の「末広狩」の下浚い、長唄の醍醐味を味わいながら楽しく稽古する。

13時から篠笛新曲「飛騨物語」に取り組む。始めは全員で、続いて一人ずつ、二人ずつと形を変えて練習する。先代百之助師作曲の篠笛にピッタリの曲だ。

13時40分からは笛入り長唄囃子のお稽古。「小鍛冶」と「都鳥」、そして先ほどの「末広狩」を復習する。やっぱり下浚いの効果は抜群、もう一息だ!!

14時30分からは篠笛民謡の練習。「島原の子守唄」「津軽の子守唄」「木曽節」「稗搗節」を歌と共に吹く。15時30分からは高麗楽の「納曽利」に全員で取り組む。高麗笛にも大分慣れてきた。

16時10分からは最後の能楽。中之舞を全員で吹き、「羽衣」を全員で謡った。特に能管の音がはっきりした音色に変わってきた。16時50分、ようやく終了、お疲れ様でした!


4月の例会の様子 平成29年度スタートする

10時より篠笛作りの確認から開始。途中10時30分から初級組の個人稽古が始まる。

11時30分からは龍笛作り実践講座の8回目。下地塗りの解説だ。砥の粉3割に地の粉7割を混ぜて水(本漆の場合は水、新漆の場合はうすめ液)でこねる。味噌状になったら塗り棒(タンポ)でべったりと管内に壁を作るように塗る。しっかり塗ってしっかり乾いたら丸棒で水研ぎする。内径に合わせて、10ミリ、12ミリ、14ミリの丸棒ヤスリを使い分ける。規定の内径になるまで何回か繰り返す。龍笛の実践講座は内径ができあがるまでしばらくの間お休みとし、その間を利用して、新入会員のために篠笛七本調子作りを実践することになった。

12時30分からは長唄初級用竹笛で「連獅子」と「鶴亀」をお稽古する。大分馴染んできた様子がうかがえる。

13時からは篠笛用の独奏曲「飛騨物語」を練習する。最初は全員で、続いて二人ずつ組んで吹いてみた。

続いて13時40分から長唄全員奏。能管と竹笛を持ち替えて全曲に挑む。「小鍛冶」「助六」「都鳥」を吹いて、長唄の稽古を終え、民謡「島原の子守唄」と「刈干切唄」を経て雅楽へと移った。

15時30分からは雅楽。龍笛で「越殿楽」と高麗笛の「登殿楽」を練習した。高麗笛での高麗楽も大分慣れてきたようだ。

16時10分からは最後の能楽、能管で中之舞を全員で吹き、「羽衣」のキリを全員で謡ってお開きとなった。内容の濃い例会となった。


3月の例会 平成28年度末展示・発表会の様子

新しく参加された会員、篠笛から作ります。篠笛初級の個人稽古、丁寧にゆっくり吹くことを学びます。

続いて年度末の展示会、1年間の成果を披露します。それぞれに製管した横笛を並べ苦心話も併せて披露しました。

実際どんな音色なのか、製管者自ら吹いて聴かせました。いい音艶で、賞賛されました。続いて午後からの演奏発表会に向けて長唄初級組の下浚い。

曲は「連獅子」と「鶴亀」、その中の竹笛の部分を吹く。よく音が出ていたとは聴いた人の感想。緊張することに大きな進歩がある。みんな真剣そのものだ。

続いては竹笛と能管を持ち替えて「五郎時致」「花見踊り」「大原女」(一人吹)の全曲を吹く。長唄の後は篠笛自選曲の演奏。@竹の唄Aコンドルは飛んでいくB平城山

C川越地囃子「三番叟」 D花は咲く    E夕焼け小焼け    Fスバル       G稗搗節        Hおぼろ月夜     I夜明けのスキャット

K平城山        L五木の子守唄    M海の声が聞こえる

雅楽では龍笛で「越殿楽」を高麗笛で「」登殿楽」を全員で吹く。       最後は能楽で「中之舞」を全員で吹き、「羽衣」のキリを謡ってお開きとなった。


2月の例会の様子

龍笛作り実践講座は7回目、黒檀で彫られた蝉の艶出しを実践する。紙ヤスリの#150、#200〜#320#400#600#800#1000の順で磨き、最後はペーパーの裏でこすると仕上げの艶が出る、これが秘訣。深みのある黒檀の艶出しはこの方法でなければ出ない。

初級用個人稽古、好みの曲の傾向がよく判る。続いての長唄初級用篠笛のお稽古は6名が参加、「連獅子」と「鶴亀」の仕上げに入る。

午後からは長唄中級編で「五郎時致」と「花見踊り」の仕上げに入る。来月は年度末発表会、それに向けて余念がない。

長唄の後は自撰曲の演奏に移った。思い思いの曲を披露する。何でもありの自由選択のコーナーが自慢。

雅楽は「越殿楽」をしっかり丁寧に吹いた。続いて能楽の中之舞を全員で吹き、「羽衣」のキリを謡って終了となった。2月もたっぷりと吹き、唄(謡)った。 


平成29年1月の例会の様子

龍笛作り実践講座は今月で6回目、今回は蝉を彫るのがテーマ。蝉部分に切り込みを鋸で入れ、刃物で平らに削る。平ヤスリできれいに整え、黒檀を瞬間接着剤で貼りつける。完全に接着できたら竹に沿って丸みをつけるように削り、彫刻刀で蝉の形に整えていく。竹の節形を黒檀にも延長してつけ、自分好みの形に仕上げる。

初級用個人稽古、篠笛の人、龍笛の人、まちまちに。昼食を早めにし、長唄竹笛の初級稽古が始まる。この日は「連獅子」「鶴亀」を稽古する。篠笛新曲「飛騨物語四部作」を練習し、民謡の部「五木の子守唄」「木曽節」に取り組む。この後、唄・三味線に合わせて「松の緑」と「娘道成寺」を全員で吹く(吹き初め)。

2月のテーマ曲「五郎時致」の能管、晒を集中稽古する。3月の年度末発表会に向けて「元禄花見踊」を準備する。また、雅楽では龍笛で「越殿楽」をしっかり吹いた。

最後の能楽では中之舞を丁寧に復習し、「羽衣」のキリの謡で締めくくりとした。10時から4時40分まで、長丁場の充実した例会となった。


12月の例会、秋の特例会
来年で発足33年の節目の年を迎える横笛研究会、同窓会を兼ねて過去に参加した人たちの気持ちに呼び掛けようと、秘曲「恋之音取」で幕開けとなった。

開会の挨拶から「恋之音取」へと続く。全員奏「赤とんぼ」から自撰曲の独奏へと移る。@「南部餅搗き唄」 A「無法松の一生」     B「竹の唄」     C「荒城の月」

D「愛しみのワルツ」 E「月の砂漠」   F「千の風に乗って 」F「ダニーボーイ」 G「中国地方の子守唄」H「三井の晩鐘」  I「京の夜」         J二重奏「三春幻想」竹笛と能管

K琉球古謡「秋の踊り」「干瀬節」  L長唄「明けの鐘」                   M長唄「娘道成寺」            N長唄「連獅子」

O長唄「鶴亀」              P長唄「五郎時致」      Q長唄「元禄花見踊り」          R長唄「越後獅子」

S長唄「菖蒲浴衣」          21.長唄「黒髪」     22.長唄「汐汲」                  23.長唄「もみじ葉」

24.長唄「小鍛冶」             全員記念写真撮影                          25.雅楽平調音取り

26.雅楽「越殿楽」(龍笛)               27.高麗楽「登殿楽」(高麗笛)          28.能楽「中之舞」(能管)

29.能楽素謡「はごろも」              30.能楽居囃子「安宅」             31.能楽居囃子「高砂」
最後は「高砂」のキリの附祝言"千秋楽は民を撫で〜"の全員謡いでお開きとなった。長時間お疲れ様でした。さぁ、後は打ち上げ忘年会へ。


11月の例会の様子
午前10時、篠笛作りが始まる。その合間を縫って初級クラスの個人稽古を和室で受ける。11時、篠笛のトータル的な指導とチェックが入り、思い思いにメモを取る。

龍笛作り実践講座は今回で5回目、前回のへぎ板巻きから次の段階へ進む。指穴と指穴の間の籐巻きをする部分の下に麻糸を巻いて割れを防止する。巻く部分の両端を毛描いて糸の厚みの分だけ彫り込んで、きっちり糸を巻く。巻いた糸の上には生漆(新漆の場合は透)を塗っておく。次に節を彫る準備に入る。節の形を確認しながら毛描いて、刃物で切り込みを入れ、削りながら節を形作る。ここまでを仕上げたら、次回は蝉の工程に入ってゆく。


昼食をはさんで午後からは実技が始まる。まずは全員奏から。

全員奏「赤とんぼ」を皮切りに篠笛を独奏する。「船の風に乗って」「もみじ」 「愛しのワルツ」  「荒城の月」   「三井の晩鐘」 「無法松の一生」

「ダニーボーイ」 「月の砂漠」 「南部餅搗き唄」 「竹の唄」      「京の夜」      雅楽「越殿楽」と高麗楽「登殿楽」

本日の締めは長唄。「明の鐘」「娘道成寺」と続き、「鶴亀」                   「五郎時致」       「汐汲」を経て、

「もみじ葉」でお開きとなった。


10月の例会の様子
龍笛作りの実践講座は今回で4回目、前回の谷刳りに続いて、龍笛の姿を造る下準備、へぎ板を巻く作業に入った。

余った部分や足りない部分はへぎ板を追加して巻いたり取ったり、その都度平ヤスリで凸凹の出来ないように細心の注意できれいに処理する。この下造りが龍笛の品格にかかわってくるので大切な工程だ。次回は割れを防止するための作業、巻き部分の下に麻糸を巻く作業に入る予定。

長唄初級の特訓コースが始まった。この日は「連獅子」と「鶴亀」に4人ずつに分かれて2コースを行った。正座して習うと気持ちが引き締まるとか。

午後からの自撰曲の独奏は2重奏から始まった。   「千の風にのって」    「嘆きのセレナータ」  「竹の唄」      「愛しのワルツ」

「海の声」       「家路」     「竹田の子守唄」 「桜色のワルツ」 「荒城の月」   「古城」       長唄「五郎時致」

長唄全員奏とグループ奏「五郎時致」 「越後獅子」 「もみじ葉」 「汐汲」 「菖蒲浴衣」の5曲を特訓した。かなりハードだった。その後の雅楽では「登殿楽」に加えて

「納曾利」を初めてチャレンジした。高麗笛が大分定着してきたようだ。 最後の能楽では全員奏の中之舞に続いて「羽衣」のクセを謡って、この日はお開きとなった。


9月の例会の様子
前回に続いて、歌口と指穴が規定寸法に開けられ、ホゾ材を入れて頭材と本体をつなげた状態からスタートします。今回のテーマは谷刳りです。

歌口の前後は1.5o〜2.0oに、指穴の前後は1.0oに鉛筆でしっかり毛描き、刃物で切り身を入れ、削る。深いところは歌口では0.5o〜0.8oに指穴は歌口より浅くとる。加減は紙ヤスリで100#〜150#〜200#できれいにする。今回はここまでで、次回はへぎ板を巻いて、龍笛らしい姿を作る。

龍笛作り実演の前に、笛作りに併行して篠笛初級向けの個人稽古がある。午後はまず2重合奏から始まる自撰曲の独奏タイム。「刈干切唄」

「竹の唄」 「佐渡おけさ」 「南部餅つき唄」 「荒城の月」  「白鳥の歌」 「笛吹き童子幻想曲」「つくみ月唄」「もみじ」「いそしみのワルツ」「浜辺の歌」

「春よ」  「里の秋」  江戸囃子「屋台」「昇殿」「鎌倉」「四丁目」「屋台」  能楽「中之舞」を吹き、「羽衣」を謡う。 雅楽龍笛「越殿楽」を祝儀曲として吹く。
 
高麗楽「登殿楽」を繰り返し練習する。 本日の最後は長唄全体奏で「花見踊り」の復習から「連獅子」「鶴亀」「汐汲」「菖蒲浴衣」と一気に合わせてお開きとした。


8月の例会の様子
8月より新しい企画がスタートしました。龍笛の製作実践講座です。大まかな手順が判ります。1回目は管体の本体部と頭部の表皮をこすり取ることから始めます。

笛材本体に火入れをし、刃を立てるようにして、表皮がきれいに取ります。本体に中心線をひき、管尻より各穴の寸法を取ります。穴は中心点と天地左右の5ヶ所に印づけします。錐で小穴を開け、刃物で規定の大きさまで拡げます。ここまでが1回目です。次回も引き続き掲載します。

初級個別指導の後、午後からは全員奏で2重奏をし、各自の自撰曲の披露と続いた。流行歌、歌謡、民謡、独奏曲など、さまざまな曲が演奏された。

締めくくりには「会津幻想曲」を吹き、雅楽の龍笛、高麗笛と練習した。「五常楽」は大分形になってきたし、高麗笛の「登殿楽」も少しずつ吹けるようになってきた。

最後は能楽の中之舞を練習し、素謡で「羽衣」のクセを謡ってお開きとなった。6時間の長丁場で心地よい疲れとなった。


7月の例会、浴衣会の様子
浴衣を着て爽やかに暑気払いをし、"楽しく芸に遊ぶ"、夏の会として 初めての試みでした。文字(画像)通り楽しい会になりました。

@全員合奏「星めぐり」で幕開け 以下篠笛独奏A「南部牛追唄」B神楽「天宇受売命」C「山桜の歌」D「赤とんぼ E「愛燦燦」    F「海の唄」 

G「会津幻想曲」 H「瀬戸の花嫁」 I「京の夜」    J「夢色紀行」   K「夏の思い出」 L「からたちの花」   M篠笛二重奏「荒城の月」

唄/東音伊藤薫子 三味線/東音山内美穂 N長唄「明の鐘」    O長唄「五郎時致」 P長唄「娘道成寺」    Q長唄「越後獅子」  R長唄「五郎時致」  

S長唄「花見踊り」   21.長唄「安宅の松」    22.長唄「汐汲」    '2016浴衣会記念撮影            雅楽指導/木船裕美子 22.「平調音取」「五常楽」 

23.高麗笛「双調音取」「登殿楽」          24能楽居囃子「中之舞」 25.謡曲/素謡「羽衣」           26.能楽素囃子「安宅」   27.能楽素囃子「高砂」
以上、27番でお開きとなり、場所を変え、冷たいビールで乾杯となった。(うまかった〜!!))


6月の例会の様子


笛作りの新しい波がやってきた。今月は籐の下準備(厚さ揃え、面取り調整)を詳しく解説した。8月からは龍笛本管の実演講座が始まる。

個別指導の後、自撰曲の演奏があり、来月の浴衣会への下浚いとなった。昨年12月の特例会と比べて格段の進歩となった。

今秋から来年にかけては篠笛二重奏にも力を入れる。お互いを聴きながら合わせるという、一段高いところへと挑戦する。

長唄では「明の鐘」「娘道成寺」「越後獅子」「五郎時致」「花見踊り」に加えて「安宅の松」「汐汲」が取り上げられた。雅楽の高麗楽では「登殿楽」と

龍笛の「五常楽」を演奏し、能楽の中之舞を全員奏してお開きとなった。10時〜4時50分まで、内容の濃い例会となった。


5月の例会の様子

笛作りからスタート。途中刃物を研ぎ、しばし笛談義を展開する。笛作りと併行して実技の個人指導が行われ、めきめき上達する。

さらに長唄の特訓も行われる。午後からは自撰曲の独奏を各人披露し、日ごろの成果を発表する。その後は江戸囃子の笛を復習した。

2時からは長唄の班別奏、「明の鐘」「娘道成寺」「越後獅子」「元禄花見踊」をグループ別に合わせる。3時過ぎからは雅楽の高麗笛で「登殿楽」の指導を受ける。4時からは能楽で稽古する。この日は素謡「羽衣」と中之舞を稽古した。10時〜4時50分まで、びっちり笛ありの生活に浸った。心地よい疲れと満足感が漂っていた。


平成28年度 4月の例会の様子
    
笛作りでは篠笛、高麗笛が進行中。この日は煤竹六本調子唄用と白篠竹三本調子唄用が話題になった。
       
午前中の初級個人稽古の成果が上がり、音がスムーズに出るようになってきた。長唄を1行ずつ吹いていたのが懐かしいほどだ。
        
午後からの篠笛自撰曲の独奏では、思い思いの曲を吹いた。椅子ではなく、正座して吹くだけでも緊張感が出てくる。
    
長唄では「明の鐘」と「娘道成寺」を初級者用に、「花見踊」を中級者向けに稽古し、高麗笛の「登殿楽」を復習し、最後は中之舞を経て
「羽衣」の謡に挑んだ。新年度もハードだけれども充実した一年になりそうだ。



過去の記録はここをクリックしてください


メール会員、通信指導の記録

龍笛丸管の記録


23回目、完成しました!無事卒業です。平成26年7月よりスタートし、丸3年掛かりましたが、よく頑張られました。おめでとうございます


22回目、錦の栓が入りました。隙間があかないように注意してぴっちりと栓をし、ギュッと押し込みます。隙間がなくなれば完成です。


21回目、いよいよ完成に近づいてきました。錘の位置でしっかりバランスをとり、がたつかないように楔を頭側からと歌口側からときっちり打ち込み、しっかり留める。次回は密蝋で歌口の壁をきっちり留め、頭に錦の栓を作って留める。

20回目、いよいよ終盤。頭の錘の位置を決め、バランスをとる。錘の大きさによって入れる深さが変わる。今回は歌口の端より7ミリ奥の位置に入れる。和紙をしっかりと堅く巻き、更に頭側からと歌口側からと竹の楔を打ち、カタカタしないようにしっかりと固定する。


19回目、いよいよ完成に近づいてきました。今回は頭の部分に鉛の錘を入れ、バランスをとる工程です。バランスは歌口の管尻よりの端からひと指下にくるようにします。錘を歌口の右端から10〜15ミリの間で錘を出し入れしてバランスをとります。いいバランスの笛は長時間吹いても疲れません。大切な工程です。錘を留めるくさびは頭の断面より15ミリより深く入れます。最後の錦の栓を入れる余裕を作っておくためです。


18回目、埃漆もきれいに入りました。全体の光沢がちょっと気になりますが、これは好みの問題でもありますので、一応OKです。この後は、頭に入れる錘作りです。鉛を溶かして竹筒にいれ、節を生かして直径12ミリ、長さ70ミリの錘を作ります。和紙で巻いてしっかり笛の頭部分に入れ、バランスを取ります。バランスが決まったら蜜蝋で固定するのですが、先ず蜜蝋作りをしておきます。蜜蝋に松脂を入れて混ぜ、香料をほんの少し入れておくのがコツです。

 
17回目、朱色の籐から呂色(黒色)の塗りに変更されました。しっかり塗り込まれていて、これでOKとしました。この後は面取りされた谷の部分に埃漆を塗り込んで拭き取る作業に入ります。いろいろ完成に近づいてきました。


16回目、前回より朱漆が塗り重ねられてきたが、まだ、下の籐の色が透けて見える。それが完全になくなるまであと数回は塗りを繰り返す。その都度目立てやすりで籐巻きの谷が塗りつぶれないように目を立てる。最後のみそのままにして目立てを行わない。もう一息だ。

  
15回目 4ヶ月ぶりの提出となりました。その間、籐の厚さの統一、面取り幅の調整など、手間のかかる下準備が丁寧になされました。しかも、籐を都染しました。この後は籐と籐の間を丁寧に溝切りし、紅殻を入れた埃漆で、籐の谷間を埋めます。いよいよ最終段階に入ってきました。

  
14回目、谷刳りの合間に楔状の和紙を巻き、アクセントを強調しました。この後は籐巻きです。龍笛には幅4厘の面取りがいいのですが、手に入らないので3厘の面取り籐を使うことにしました。下処理でどれだけきれいに処理出来るかが大きな分かれ道になります。都染にするのもよい方法です

 
13回目、途中2回ほど抜けましたが、作業は続いていました。管内の朱漆もきれいに塗れました。今回は指穴なの境に形を整えるために30センチの和紙をくさび状に切って巻き、山方に整えます。その間に幅4厘の籐の厚さと面取りをきれいに整える作業をします。

  
12回目 下地を3回塗り、水磨ぎしたころにどうもへぎ板が木になり、やり直したということでした。4ヶ月ぶりです。音律も出来ていますので、朱合い漆を塗りことになりました。贅沢を言えば、やはりまだ頭部分が心持太いのが気になりますが、これでいいといえ人もいて、いいことにしました。
  
11回目 黒檀の蝉は思い切って作り直しました。これで正解だと思います。蝉らしくなりました。これから根気のいる下地漆に入ります。塗りと水磨ぎを繰り返して規定の内径に作っていきます。かぶれを覚悟して本漆を使うことに決められました。会としては奨められませんが・・。いい姿になってきましたが、まだ全体の姿がいまいちです。頭の太さのバランスですが、下地塗りの合間に修正されるといいです。
 
10回目 黒檀はきれいに張り付けられました。蝉の形を彫ったのですが、ちょっと小さいです。このままで完成させますと貧弱な形になります。このまま妥協するか、やり直すか、思案のしどころです。黒檀は細かい紙ペーパーで根気よく磨いて光沢を出します。
  
9回目 へぎ板の修正は大分きれいになりましたので一応オーケーとなりました。蝉用の黒檀を貼りましたが、黒檀の繊維が竹の繊維と同方向にならず、交差する形となりましたので、ここはもう一度やり直すことにしました。直せせたら、そのまま蝉の加工に入ります。
 
8回目 巻いたへぎ板を滑らかに削って姿造りの下準備をします。滑らかになりましたが、完全な丸みではなく、繋ぎ目が凸凹しています。それを修正しながらバランスを考えていきます。唄口の右が一番太くなっていますが、左側を太くし、右側がその次に太いというのがいい姿になります。このあたりは作者くセンスの問題になりますので、いかに沢山のいい笛を観ておくかが、分かれ目になります。へぎ板の修正をしながら次回は裏側に黒檀を貼る作業になります。

 
6・7回目 へぎ板が手に入らず、ひと月遅れとなりました。へぎ板が巻けたところで、これからが姿の下造りとなります。巻いた端をまずは段差が感じられなくなるまで、丁寧に滑らかに削ります。最初はよく切れる刃物で、その後紙やすり#150〜#180で仕上げていきます。この作業で笛の品格や姿が決まります。

 
5回目 しっかりと谷くりができました。頭部に節の形を彫りましたが、こういうところが難しく、いかにいい姿の笛をたくさん見て、研究しているかの差が出るところです。今回は第1作目として、記念の笛になるでしょう。個性的な姿の笛になるのではと思います。次回はへぎ板を巻いて形を整えてゆきます。

 
3・4回目 本体と頭部をホゾ材を入れて接着しましたが、接着した後に全体が40センチにならないといけませんが、そのまま接着したために2センチ余り長くなってしまいました。そこでもう一度切って付け直ししたところです。次回は谷刳りに挑戦します。

 
2回目 寸法取りの後、歌口と各指穴が開けられた。几帳面な開け方で、感心する。次回はホゾ材を入れて頭部分の接続、ここの加工が難関なところです。

平成26年7月より始めた方です

1回目 この方も失敗覚悟で龍笛からスタートしました。竹の表皮をきれいに削り取ります。次回は寸法取りして穴をあけます。


篠笛コースの記録


2回目、大分きれいになりましたが#240番の紙ヤスリを使って、もっともっときれいにします。歌口は削りすぎ気味ですので、このままにしておきます。


<新規スタートしました>

新たな方のスタートです。1回目、篠笛七本調子です。お祭りの囃子連の方にプレゼントということで、囃子用を作ることになりました。笛材を寸法に合わせて切ることから始めましたが、きれいに切断できてました。次回はもっときれいに指穴が開けられるように紙ヤスリできれいに仕上げます。

<自主卒業となりました>
  

籐を巻きましたが、彫り込みが浅かったので凸凹してます。籐自体をもっときれいに下処理する必要がありますし、籐の厚みの半分を彫り込む技術が足りません。6メートルの籐が足りませんでした。

 
頭の栓もきれいに付けられ、管内も塗れました。後は籐を巻く準備をします。ペースは囃子ですが、六本調子にも挑みます。

 
丁寧に歌口、指穴が開けられました。篠笛を早めに卒業して、龍笛作りににチャレンジしたいとのことです。


特別記録:海廣師による煤真竹八つ割り返し能管実施記録


海廣師の能管が完成。頭金は右向きの鯱鉾、これで一対の鯱鉾が完成した。
303132
樺巻きを終え、埃漆を施し、海廣の能管は完成しました。最高の出来栄えです。頭金は右向きの鯱鉾です。
282930
桜樺を巻きました。龍笛には4厘幅がよく合いますが、能管には3厘以下がいいようです。この後は全体を猫掻きし、呂色漆を塗り、最後に埃漆を塗って拭き取り、樺の隙間を埋め、目立て鑢で隙間がつぶれないように細心の注意を払いながら処理します。29は頭側から、30は管尻側からの管内の様子。

25 26 27
25完成した管と比較して並べておきます。漆の作業は終わりましたので、26後は黒檀の艶出しをし、桜樺を巻き、埃漆で隙間を埋めていきます。27鉛で錘を作り、管内に留めてバランスを取ります。いよいよ仕上げの作業に入っていきます。

22 23 24
22下地漆の上に朱漆を塗りました。色は未だ濃いですが、時間が経つと鮮やかな赤に変わってきます。全体は都染に塗りました。

21  
21管内の下地漆もきれいに塗られ、規定の寸法に大きく近づいてきた。完成まではまだ時間はかかりますが、完成時の姿が連想できるような美しい下造りの形をしています。


P Q R S
P同時に管内の下地漆も少しずつ整い、Q8角形の面影がなくなってきた。R蝉の加工が完成し、節の模様とマッチするように彫り込みされた。S下地漆がほぼ完成し、きれいな縦楕円の管内が完成した。

M N O
M下地塗りの途中に黒檀で蝉を加工します。頭部の裏側に蝉の入る部分の竹に切り身を入れて削り、N黒檀を接着させます。蝉が木にとまってる姿を模してその羽の形を彫ります。O

J KL
J下地漆を繰り返す間に生漆を歌口と指穴周りに塗ります。KLと下地が少しずつ進んでゆきます。

GHI
G歌口、各指穴を規定の大きさまで刳り小刀できれいに開けます。H穴開けが終わると今度は歌口と各指穴の谷刳りをします。谷刳りは時代によっても笛師によっても刳りの深さは変わります。出来上がりの姿にも大きく影響するところです。滑らかになるまでヤスリがけをし、I頭と管尻の断面に丸みをつけます。歌口の上には節の名残としてその模様を彫ります。本来はへぎ板を巻いて、歌口、息袋(ノド部分)、管尻にやや膨らんだ形を作って整えるのですが、この管体は非常に太いため、敢えて巻かずに作ることにしました。すっかり能管の形になってきたところで、ここからが管内に下地漆を塗り、水磨ぎ、塗り、水磨ぎ、を繰り返し、8角形の管内を丸い筒状に作り上げてゆきます。本漆はひと塗りして10日間乾燥させるので、地味な作業が続きます。

CD  E F

C8角形がピタッとできるように正確に削れたら、正8角形より心持ち縦楕円の8角形になるよう、4短冊目の削る角度を深くします。この角度が鋭いヒシギに影響を与えます。D組んだ短冊に隙間がないことを確認して、漆糊もしくは膠で接着します。同時に外観の8角形も角を取り、丸くなるまで鉋をかけ、E十分に接着できたことを確認し、管尻より各孔の寸法取りを取り、F頭部分をホゾ材を入れて接着します。

@ A B
@管体の基となる200年物の煤真竹の一節 A鉈を使って8本の短冊に割る(短冊の幅は竹の厚みによって変わる)。太目の管、細目の管はこの時点で決まります。この管は厚さ6ミリで、相当太い管になります。鉋で各短冊の表皮を削り、内側も滑らかになるように削る。きれいに削れたら、ここで表が内側に来るよう返して組めるように、短冊の両端を角度をつけて削ってゆきます。この工程がとても神経を使うところだそうです。
 



お好きなページに移動します。
邦声堂トップページ
新管情報(在庫状況)
注文製管の部屋

ネットショッピングお買い得情報
祭囃子・獅子舞・神楽の部屋
雅楽の部屋
能楽の部屋
横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)
横笛特集 (伝承の笛・現役の笛を新規に追加
邦声堂からの提案(音楽専科の教員になる人のために
広げよう横笛の輪 横笛リンク集


横笛研究会連絡方法
TEL. 0428-20-7567
FAX.0428-24-9850
〒198−0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3−525−5
代表:高橋尊信
お問い合わせフォーム
E-mail: yokobue.takahashi@nifty.com

ご意見・ご感想をお寄せください。

使用しております写真、表、記載内容などの複製、再利用はご遠慮ください。


■通信販売法に基づく表記
平成10年6月通産省より通達のありました訪問販売法の改正によって、インターネットで代金を受け取る販売を行う場合の、訪問販売法第8条に基づく通信販売業者の告知義務により、以下の義務項目を表示しています。
店舗名:邦声堂
販売業者:邦声堂
責任者:高橋 尊信
所在地:〒198-0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3-525-5
TEL/0428-20-7567
FAX/0428-24-9850
URL http://yokobue.la.coocan.jp/yokobue/
E-Mail yokobue.takahashi@nifty.com
商品代金 商品紹介ページに記載
有効期限 変更あるまで
不良品:取扱い商品全般につきまして、欠陥のあるものに対しては交換します。
返品:商品の返品は原則としてご容赦ください。
商品以外の料金:消費税、送料をご負担いただきます。
引き渡し時期:注文受付後1週間以内。特別注文品は完成時期、納品時期を別途お知らせします。
お支払方法:銀行振込もしくは郵便振替
手数料:お客さま負担でお願いします。
お支払い期限:商品到着後3日以内
返品期限:商品到着後、7日以内
返品送料 お客様ご負担でお願いします。