邦声堂トップページ
新管情報(在庫状況)
注文製管の部屋
ネットショッピングお買い得情報(追加商品あり

祭囃子・獅子舞・神楽の部屋
雅楽の部屋

能楽の部屋
横笛研究会・通信指導(笛作りメール会員募集)
横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)
横笛特集 (伝承の笛・現役の笛を新規に追加
邦声堂からの提案(音楽専科の教員になる人のために
広げよう横笛の輪 横笛リンク集


横笛特集

祭り笛 紫山作篠笛六本調子囃子用


(写真をクリックすると拡大します)
 
紫山銘の六本調子囃子用です。ある囃子連の長老だったおじいさんの形見の笛だそうです。管尻に近い指孔間に皹が入りました。そう深いものではないので漆だけでと思ったのですが、大切な形見の笛ということで、しっかりと修理することになりました。巻きをすべて取り、新たに掘り込みで総巻きにしようかなというところです。歌口のすぐ近くに職人名なのでしょう”松本”と印してあります。


梅の木製横笛

(写真をクリックすると拡大します)
金色のテープが巻かれ、テカテカとした笛に見えますが、実は宮城県釜石市から送られてきた虎舞で使用される、梅の木を刳り貫いて作られた由緒ある笛なんですね。全体に大きな割れが入っているため、秋田県の樺細工の職人さんに頼んで樺巻きをしてもらったとのことでした。笛は竹で作られるという、云わば定説を覆すような笛なんですが、作られたのは幕末の頃というお話でした。枝ではなく、一本の梅の幹を刳り貫いて作るとのことでした。歌口にしろ、指穴にしろ、きれいに彫られています。腕のいい職人が作ったものと思われます。横笛クリニックのページでも紹介していますが、修理をお引き受けした笛なんですね。何故梅か?は不明です。松竹梅というお話もありましたが、お目出度いだけのことではなさそうです。栃木県のほうでも梅の木で作られたお祭りの笛の記事を見たことがありますが、何か関係があるのでしょうか。修理が終わったら是非吹き比べてみようと思います。
木製横笛の情報をお持ちの方、どうぞご意見をお寄せください。
修理完了後の笛の姿です

(写真をクリックすると拡大します)
完全に生まれ変わりました。よくぞここまでと思います。じっくりとご鑑賞ください。
ご意見・ご感想をお寄せください。


伝承の笛・現役の笛

写真:越中黒部市の山田新獅子舞保存会より提供の獅子笛

名水の里、越中黒部市の山田新獅子舞保存会より送られてきた写真。上の長い笛が130年前から伝わっている笛。下の短い方は現在使われている獅子笛とのことです。伝承の笛のおおよその寸法は全長(単位ミリ)517、頭より唄口まで130、管尻から筒音孔(管尻より二つ目の孔)45、唄口より筒音孔まで342、第六孔から筒音孔まで198、精密に測ったわけではありませんので多少の誤差を加えてみて、これは昔律の八本調子の獅子笛と思われます。130年前にすでに筒音孔(飾り孔を兼ねた?)が存在していたんですね。これは驚きです。横笛研究会で検討してみようと思います。また、唄口から頭にかけてタップリとした寸法ですね。以下に述べる六孔笛、神楽笛の名残りに思えるのですが、いかがでしょうか。ご意見お待ちします。
このような笛、伝承された笛があれば是非情報をお寄せください。


(9月11日)
飾り孔についてのおもしろい記事がネット上に書かれていましたので、概要を記しておきます。
中国では昔、この飾り穴は房穴として使われていたそうです。この穴に紐を通し、房をつけていたというのです。何故か?それは上帝や皇帝の御前で演奏するとき、管尻から露(唾)がポタポタ落ちるのを避けるためというのです。露を房に含ませて滴るのを防ぐ、これには成る程と頷けました。穴が二つ開いているのも、本来は管の裏側に開いていたということも、頷けます。この房の習慣を含めて明笛として中国から伝わったと記されていました。但し、響き穴と呼ばれる竹紙を貼る孔(唄口と指孔との間にあった孔)は、自然になくなっていったとありました。確かに古い明笛には房穴も響き穴もあります。但し、あの独特のビービーという響きは日本好みではないですけれど、もう少し調べてわかったらまた追加して書きます。
ご意見・ご感想をお寄せください。 

六孔笛について


七孔篠笛と六孔笛

開店以来七孔篠笛の注文が圧倒的に多かったからなのですが、篠笛は七孔が主流だと錯覚していました。長唄用も祭り囃子用も、民謡用も独奏用も、手ほどき用も、全部が七孔でしたから。たまに「六穴の笛ありますか」という問い合わせがあるぐらいでした。以前、全国の祭りを観てやろうと思い,暇を見つけてはあちらこちらと出かけていたのですが、六孔の笛を吹いていたり、七孔の笛の指穴をテープで塞いで吹いていたり、そういうのを見ていましたから、六孔の笛も使われているんだなという程度に考えていました。実に浅はかな考えでした。
ある日、福井県のある山村の村長さんから、「以前はこの村には獅子舞があったが今は途絶えてしまった。何とか復元したいものだが、当時の笛と同じに作ってもらえるだろうか」という依頼を受けました。送られてきたのは相当に古い獅子笛で、音律は八笨調子に近く、管内は朱漆が塗られ、標準よりかなり細い管でした。唄口から頭にかけては篠笛にしては随分長いなと感じました。高麗笛を長くしたような印象を受けました。頭の詰め物が取れていて様子が判らなかったのですが、淡い色の錦で栓をするとぴったりと似合う笛に仕上がりました。
それからしばらくして、東京都国立市にある谷保天神の氏子さんから、「谷保には古い獅子舞があるけれども、その獅子笛を彫ってもらえないか」という依頼を受けました。「これが獅子笛です」と示された笛は、六孔で音律は八笨調子に近く、籐巻きはなく、管内は朱漆、外側は黒漆(呂色漆)が全体に施されていました。お祭りの山車や掛屋台などで、全体を籐で巻き(総巻き、重巻き)、その上からべったりと黒に塗ってある七孔の篠笛(祭り笛)を吹いているのを見かけますが、それとは明らかに趣が違うように感じられました。
最近では東京都西多摩郡奥多摩町境にある白髭神社の獅子笛を彫りましたが、ここの獅子舞も歴史は相当古く、寛文元年(1663年)に始まるという古文書が残っているそうです。おそらく獅子笛が吹かれたのはその前後あたりからでしょう。この獅子笛の特徴は、先程の谷保天神と同じく六孔ですが音律は六笨調子、管内は他と同じく朱漆、外観は黒漆の塗り笛なんですが、指穴が標準よりかなり小さいんです。「もうひと廻りかふた廻り大きいと音の切れもよくなり、大きな音も出るのに」と、勝手に思っていました。ところが、見本笛通りに仮彫した笛の試し吹きの時に、ある曲にさしかかったところで、低い音でしたが息を吸わずに延々とのばしてるんですね。驚くほど長い息で吹くんです。すごい吹き手だなぁと感心して聴いてました。吹き終わってそこのところを尋ねてみたところ、「あそこは大変苦しいところで、途中で息が吸えないんです。獅子が足を開き、腰を割って地面にくっつくほど低く、低く舞うところ、一番力の入るところなので笛もその舞が終わるまで息継ぎが許されない」ということでした。舞と一体になっていたんですね。大きい音が出ることより、息を長く保って吹けること、つまり大きい指穴より、小さい指穴が必要だったんです。これも、その地域に限って使われる笛の特徴なんですね。こういう風に見てゆくと、一笨調子から十三笨調子までの種類のある七孔篠笛よりも、地域限定の笛のほうがはるかに種類が多いのではないかなという気がしてきます。獅子笛を見ていて七孔の篠笛とは全く性質が異なる笛なんだなという気がしてきました。


写真:奥多摩町境、白髭神社の獅子笛


七孔的六孔篠笛
六孔笛のルーツについて述べる前に、上記に紹介した獅子笛の六孔笛とは全く性質の違う六孔篠笛についてふれておきます。
笛の上面は六孔で、実は七孔篠笛の一の穴(右吹きで構えたときの右手小指で押さえる穴)が笛の裏側に開けられている笛があります。(写真下)七孔の一の穴が常に開けられた状態なのですから、六つの孔を全部閉じた音(筒音)が七孔笛の一の音になるわけですね。以前、現在のような唄用の笛のない時代、あってもそれほど知られていなかった時期に、民謡を吹く人たちに流行した笛なんですね。とにかく一の音が正確な音律になるんですから、当時としては画期的な笛だったと思います。音域は七孔ほど広くはありませんし、0の音も出ないのですが、一の音を重要視する民謡界にあっては貴重な笛だったと思います。もう亡くなられましたが、名人といわれた初代久保井朗童が”大和笛”という名称で沢山彫ったといわれています。現在は指孔の大きさや指孔間の調整によって音律を整える”唄用”の方法が一般的になり、”大和笛”はうんと少なくなりました。


写真:沖縄で吹かれている六孔笛 管間尻方向には二つの飾り穴がある
裏側には筒音となる穴が開けられている(七孔笛の右小指穴に相当する


その大和笛の元になったのは中国の笛で、日本では明笛という名称で吹かれていました。本来は竹ではなく内径が太い葦系だったと思います。姿は上記の写真によく似ています。ただし、唄口と一番目の指穴の間に響き穴があるんですね。そこに竹紙を張るとビービーという独特の響きになります。その響き自体が日本人には馴染みにくかったからか定着はしませんでしたが、長音階の”ド”(一の音)が安定するため、七孔的六孔笛(改良型)として定着したのだと思います。中国に近かった琉球王国にこの明笛が伝わり、姿を変えてこの六孔の笛になったと思いたいのですが、時代的にそうは行かないようです。上記写真の笛を依頼した人は琉球音楽を演奏する民俗音楽団体に所属する人で、沖縄ではこの笛を使っていますということでした。沖縄に行く機会があれば、ここのところを調べてみたいと思いますが、詳しい情報をお持ちの方はお知らせください。

六孔笛のルーツ
さて、六孔笛のルーツについて考えてみます。
日本の横笛には歴史的に見て、龍笛、能管、神楽笛、高麗笛がありますが、これに篠笛が加わって一応5種類になるんですね。この内、龍笛と能管は七孔、神楽笛と高麗笛が六孔です。龍笛の元祖は中国から伝わったとするのが定説です。後の平安時代になって漆や樺巻きが施され、現在の龍笛に近い姿に変わって行きます。また、高麗笛は朝鮮半島から伝わったとされています。どちらも伝わった当時は今のような姿ではなかったはずです。それは大仏開眼時に中国からの楽人らによって伝え奏された数種類の笛、今も正倉院南倉にある笛を見れば一目瞭然です。また、能管はその名の通り能楽で使われる笛ですから、うんと新しくなります。能楽が形作られた室町時代、当初は能管がなく、龍笛が使われることもあったといいますから、さらに新しいものになりますね。
日本の横笛のルーツは、実は日本古来の笛とされる神楽笛ではないか、との説がありますが、これには大いに賛同できます。雅楽が形成されるずっと以前から、神道に基ずく神聖な御神楽の儀式に使われていたらしい。造りは質素だったと思いますが、大変格式のある笛だったんですね。しかも指穴は六孔。神社には祀る神様によって格がありますね。正一位、二位、三位などと称するそうですが、神社系列の出張所のようなものが全国的に広まってゆくんですね。格式の高いところほど大元と同じようにするはずですから、御神楽を奏する本社の楽人が、中央から出張する場合もあったんでしょうね。由緒ある古い遺跡から出土する笛に六孔が多いのも頷けます。このあたりからは想像の世界に入ってしまうのですが、神を讃える御神楽の精神が人里においては田植え祭の田楽の儀式となり、また、無病息災を祈り五穀豊穣を祝う儀式には悪鬼を払う獅子舞にと、民衆の支持を得ながら姿を変え、民俗の芸能として民間に浸透し、発展して行ったというのは十分に説得力のあることだと思います。
雅楽が形成された平安時代、龍笛に漆や樺桜が施され優美な姿に仕上がったころ、中央では御神楽の笛も同様に漆、樺桜が施されたものと考えられます。しかし、地方にあっては樺桜を引くまでの技術はなかったのでしょう。勝手な想像ですが、地方にあっては獅子頭の塗りと同様に獅子笛にも漆を施すこと、これは獅子笛にとっては重要なことでなかったのかと思います。古い獅子笛は六孔でなければいけないし、塗り笛でなくてはならない。谷保天神や白髭神社の獅子笛をじっと見つめているとそういう気持ちになってきます。

このページをご覧になった方、どうぞご感想をお寄せください。また、あなたの地域の笛をご紹介ください。邦声堂は日本中にあるあらゆる笛を、見本通りに彫ってお役に立ちたいと願っています。

ご意見・ご感想をお寄せください。

お通さんの笛
平成15年のNHK大河ドラマ、宮本武蔵に登場するお通さんの吹いている笛に関しての問い合わせがいくつかきています。今回はお通さんの吹く笛について考えてみたいと思います。
ドラマで吹かれている笛
テレビを見ていて思いつくのは篠笛ではないかということです。能管や龍笛、高麗笛にしては寸法が長く、吹き口が頭端(向って右)の方に寄っています。指の押さえ方も篠笛と同じに見えますし、音色といったらもう篠笛そのものです。機会があれば笛の演技指導を担当されている福原百七さんに確かめようと思っています。
ところで、福原百七さんといえば人間国宝の六代目福原百之助(寶 山左衛門)先生の七番目のお弟子さんということで名前を付けるときに百七としたという事を聞いたことがあります。呼び方もずばり”ひゃくしち”だそうです。正式には福原流長唄囃子笛方で、現在は歌舞伎や長唄の世界で活躍中のバリバリの現役です。
歌舞伎や長唄囃子で使われる笛は能管と篠笛です。能管は烈しく、篠笛は優しくといったイメージがありますからお通さんの役柄には篠笛が合うのではないかと思います。いかがでしょう。
時代的には
宮本武蔵が登場する1600年前後に存在していたであろう笛には、上記の能管、龍笛、高麗笛のほかに日本古来の神楽笛があったのですが、それぞれは厳格に吹かれる場所や吹き手の身分などが決まっていたといいますから、お通さんが手に入れられたかどうかは疑問です。可能性からして篠笛の前身といわれる草笛ではないかなと思います。草笛といっても草の葉を口に当てて吹くのとは違い、篠笛が江戸歌舞伎において定着して使われる以前の笛といいますか、篠竹(女竹)で作ることが一般的になる前の笛といいますか、粗末な笛といいますか、とにかく記録が残っていないのではっきりしたことは判りませんが、流れとして草笛−篠笛という見方ができると思いますが、いかがでしょう。また、一方では当時からあったであろう田楽の笛ではという意見もありますが、田楽の笛自体が存在したかどうかはわからないので何ともいえません。もしも田楽の笛があったとしたら、それも草笛の仲間として考えるほうがいいのではないかと思います。もっとも昔から、笛は形見として思いを託して手渡すことがありましたから、何らかの理由で伝わっていた龍笛がお通さんの手に渡ったのかもしれません。こう考えますとますます混乱してしまいますが、お通さんという役の性格作りにおいて、どの笛が合うか、興味は尽きません。出来ることなら原作者に聞いてみたいところです。
草笛について
"草笛"という呼び方が出てきました。草笛と初期の篠笛について次回考えてみたいと思います。(乞う、ご期待!)
草笛とは
"草笛"という呼び方は、昭和22年に発行された田邊尚雄著「笛 その藝術と科学」という書物にでてきます。長唄囃子における笛の紹介のところで篠笛についての記述があるのですが、その由来について、もともと田舎の牧童などが楽しみに吹いていた"草笛"というものから進展して来たのではないか、そしてこの"草笛"が遂に田舎の鎮守の社のお祭りの囃子などに用いられ、それから一般の祭礼囃子や神楽囃子などに用いられるようになり、そして長唄の囃子に取り入れられたという説を紹介しています。また、この笛の音を聞くとなんとなく田舎のお祭りなどを聴想する、そこで長唄や歌舞伎などにおいても、田舎くさい感じを出す場面などに、特にこの篠笛を用いるとしています。その代表に長唄「安宅の松」の田舎の子どもが出てきて踊る「うらのなァ」の場面にこの笛を吹くと紹介しています。そういえば篠笛のお稽古でも「安宅の松」の合方で三味線に合わせて"田舎笛"の手を吹きますね、何となくイメージできるような気がします。のどかな雰囲気にぴったりの手で、情景描写の力に感心しますね。
(草笛についてご存知の方、情報をお寄せください)
さて、歌舞伎において"草笛"が取り入れられ、"篠笛"として発展していったというのは理解できるのですが、その由来について、もともと田舎の牧童などが楽しみに吹いていた"笛"が田舎の鎮守のお祭りの囃子に用いられ、それから一般の祭礼囃子や神楽囃子に取り入れられたというところが今ひとつ腑に落ちません。本当のところは判らない方がいいのかもしれませんが、いかがですか。
次回は歌舞伎が発生する以前の笛について考えてみたいと思います。
ご意見・ご感想をお寄せください。

お好きなページに移動します。
邦声堂トップページ
新管情報(在庫状況)
注文製管の部屋
ネットショッピングお買い得情報(追加商品あり

祭囃子・獅子舞・神楽の部屋
雅楽の部屋

能楽の部屋
横笛研究会・通信指導(笛作りメール会員募集)
横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)
横笛特集 (伝承の笛・現役の笛を新規に追加
邦声堂からの提案(音楽専科の教員になる人のために
広げよう横笛の輪 横笛リンク集


邦声堂連絡先・ご注文方法
商品のご注文、お問い合わせは、電話、FAX、郵便、お問合せフォームでの「送信」ボタンにてお受け致しております。
各商品の欄のボタンを押して、「問合せフォーム」へお進みください。
記入欄に書き込みましたらFAXまたは郵送の場合はそのまま「印刷」してください。
「送信」ボタンを押しますと、邦声堂の高橋宛のメールとなって自動的に発信されます。
代金は、商品代+実費送料相当となります。
折り返し、商品をお届けいたします。発送商品には請求書、銀行振込み用紙を同封いたしますので、指定の口座にお振込みください。
海外からのご注文につきましては当面、銀行口座へのお振込みを確認後、配送を行いますのでご相談ください。
価格欄は、価格表をご覧になり、不明の場合は内容をお問い合わせご確認の上、注文書の価格欄にご記入ください。

TEL. 0428-20-7567

FAX.0428-24-9850

邦声堂
〒198−0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3−525−5
代表:高橋尊信
お問い合わせフォーム
E-mail: yokobue.takahashi@nifty.com

ご意見・ご感想をお寄せください。

直接お越しになる場合は予めご連絡をお願いします。(日曜・祭日もOKです)
使用しております写真、表、記載内容などの複製、再利用はご遠慮ください。


■通信販売法に基づく表記
平成10年6月通産省より通達のありました訪問販売法の改正によって、インターネットで代金を受け取る販売を行う場合の、訪問販売法第8条に基づく通信販売業者の告知義務により、以下の義務項目を表示しています。
店舗名:邦声堂
販売業者:邦声堂
責任者:高橋 尊信
所在地:〒198-0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3-525-5
TEL/0428-20-7567
FAX/0428-24-9850
URL http://homepage3.nifty.com/yokobue/
E-Mail yokobue.takahashi@nifty.com
商品代金 商品紹介ページに記載
有効期限 変更あるまで
不良品:取扱い商品全般につきまして、欠陥のあるものに対しては交換します。
返品:商品の返品は原則としてご容赦ください。
商品以外の料金:消費税、送料をご負担いただきます。
引き渡し時期:注文受付後1週間以内。特別注文品は完成時期、納品時期を別途お知らせします。
お支払方法:銀行振込もしくは郵便振替
手数料:お客さま負担でお願いします。
お支払い期限:商品到着後3日以内
返品期限:商品到着後、7日以内
返品送料 お客様ご負担でお願いします。