和楽器専門店 横笛の邦声堂

iモード、モバイル用はこちらをクリックしてお入りください

横笛の邦声堂トップページ
横笛研究会・通信指導<横笛の作り方・吹き方>
笛師の部屋
篠笛の部屋(邦楽・長唄編)
篠笛の部屋(古典調・囃子編)
能楽の部屋
雅楽の部屋

横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)

横笛特集
邦声堂からの提案
広げよう横笛の輪 横笛リンク集

能楽の部屋

(2017/07.28)
このページは能楽に使用される諸楽器を専門に取り上げます。新しく作られた能管や小鼓(新胴、新皮)また、時代物の小鼓、大鼓、古管など、能楽に関するものを中心に紹介して行きます。また、このページには売約済みの画像も多数含まれています。過去の取扱商品の見本として、また、カタログ的画像として参考にしていただければ幸いです。

また、直接お起こし下さっても結構です。(事前のご連絡をお願いします)

タップリと吟味していただいた後、お気に召さない場合は遠慮なくご返送ください。但し、返送時の送料はご負担していただきます。実際に手にとって見て、吹いて、触って、納得して購入する。それが邦声堂の方針です。また、検討期間は原則として5日以内とします。

このページでのお問合せやご注文、ご予約などはをクリックし、送信してください。電話やファックスでもお受けしています。

下記項目をクリックしてください。商品別ページに移動します
能管
一閑張り笛筒

小鼓・皮(新皮・古皮)
小鼓・胴(新胴・古胴)
大鼓(古胴)

謡本


能管

海廣作 天然煤竹丸管籐巻き仕上げ頭金亀

海廣作の天然煤竹丸管の能管です。最近では丸管は珍しくなりました。理想的な内径を有する材料が本当に少なくなったためです。八割り管に比べるとやや細く感じられますが、息はたっぷり入ります。「何でこんなに鳴るの」と言うほどの鳴りです。どうぞお試しください。
価格:460,000円(税別)



40年物新管能管 煤竹丸管籐巻き仕上げ 2管 (委託出品)


40年物の新管能管です。どちらも煤竹丸管の籐巻き仕上げです。素直で癖のない、吹きやすい本管です。価格的にも非常に魅力的です。試し吹きをお薦めいたします。
価格:150,000円(税別))



海廣作 天然煤真竹十六割り返し桜樺巻き仕上げ頭金亀
  
海廣師作の煤真竹十六割り返しによる能管です。桜樺巻きで仕上げました。管体を組み上げるまでが大変な作業でした。昔の古管にはすでにあるんですね。おそらく江戸時代、特に元禄辺りからではないかと思いますが、ひょっとしたらそれ以前の室町時代からかもしれません。鼓の胴でも名胴といわれるものは、室町から江戸前半にかけて沢山彫られましたし、能管にしろ龍笛にしろ、いろいろな試しが繰り返されて発展してきたんですね。それぞれの時代の、名手・名人たちの要望に応えるためだったのでしょう。音質を硬くするため、響きを強く大きくするための工夫だったんだと思います。そういう意味からも、この十六分割は存在感のある笛だと思います。
価格:600,000円(税別)



海廣作 天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金叢雲
  
海廣師作の煤真竹八つ割り返しによる能管です。桜樺巻きで仕上げました。4管の中で最も手強いといいますか、相当強い息にも余裕を持って対応できる管です。響きも硬めで、リンとした強さが感じられます。お素人さんよりプロ向きのように思います。よかったら試し吹きをどうぞ。違いが判ります。頭金は叢雲です。
価格:600,000円(税別)


海廣作 天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金鯱鉾(左)

売約済み、ありがとうございました
  
海廣師作の煤真竹八つ割り返しによる、下の右向き鯱鉾と対の能管です。桜樺巻きで仕上げました。この管も派手さはありませんが、実にしっかりとした手応えが特徴です。将来の変化が楽しみな笛です。
この能管は東京で一噌流のお稽古をされている熱心な方に使っていただけることになりました。嬉しいことです。



海廣作 天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金鯱鉾(右)
売約済み、ありがとうございました

  
海廣師作の煤真竹八つ割り返しによる、上の左向き鯱鉾と対(右向き)の能管です。桜樺巻きで仕上げました。薄っぺらな響きではなく、実直で手応えのある管です。10年、20年と吹き続けられて成長してゆくであろう将来の音質の変化が楽しみです。

この能管は滋賀県野洲市在住で、森田流の笛をお稽古されてる方に使っていただけることになりました。いい出会いでしたし、しかも若い女性ですので将来が楽しみです。いつか聴く機会があればいいなと思います。



海廣監修天然煤竹丸管桜樺巻き仕上げ頭金金龍 (格安委託品)
  
(画像をクリックすると拡大します)
海廣監修の天然煤竹丸管の能管です。桜樺巻きで呂色漆薄墨に仕上げました。煤竹で丸管に仕立てられる良質の笛材が本当に少なくなりました。最近では煤真竹の八つ割り返しが多くなりましたが、今回は貴重な笛材で製管できることになりました。3厘に引いた桜樺を面取りし、呂色と埃漆で仕上げました。数年経つと、見る角度によって桜の色が透けて見えてきます。鳴り方や響き方には丸管特有のまろやかさが出ていました。
価格:400,000円(税別)



古管 能管煤竹丸管桜樺巻き仕上げ頭金金獅子 (格安委託品)
ただいま検討中

  
明治時代の作と思われる煤竹能管(丸管)の委託出品です。桜の樺巻き仕上げと金獅子の頭金、丁寧な造りです。京都の古美術商からかなりの金額で買い求めたとのことでした。詳しく見ると漆の調整はされてるようです。格安のお買い得品です。よかったら試し吹きをしてみてください。
価格:200,000円(税別)



丸管能管 籐巻き仕上げ (格安委託品)
  
ただいま検討中
昭和の新管です。やや細身でず。強い息の人よりやや細めの方向きと思われます。価格的にも初めての方向きかもしれません。どうぞお試しください。
価格:70,000円(税別)



泥楽作 天然煤真竹八割り返し桜樺巻き仕上げ頭金獅子口
売約済み、ありがとうございました

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の天然煤真竹8つ割り返しによる能管です。頭金は獅子口、桜の樺を巻いて仕上げました。素直に息がよく入り、ビンビン響きます。 頭金は「石橋」で使用される獅子口を彫金しました。珍しい頭金です。どうぞ試し吹きをしてください。
この笛は、福原流長唄囃子をお稽古されてる熱心な方に使っていただけることになりました。円やかな音色が長唄によく合うとのことでした。



泥楽作 天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金天馬
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の天然煤真竹八つ割り返し能管籐巻き頭金天馬です。薄墨色に仕上げました。八つ割り返しの特徴の素直な鳴りに加え、音色に円やかさがあります。どうぞお試しください。
価格:360,000円(税別)
 


照楽作 天然煤竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金折鶴二管
  
(画像をクリックすると拡大します)
  
(画像をクリックすると拡大します)
照楽作の天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げの能管二管です。どちらもしっかりした太さです。朱合い漆の質が異なるので、鮮やかさに違いがありますが、どちらもいい色合いに仕上がってます。軽い感じの鳴りではなく、落ち着いた渋みのある鳴りです。
価格:360.000円(税別)




照楽作 天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金折鶴
  
(画像をクリックすると拡大します)
照楽作の天然煤真竹八つ割り返し能管桜樺巻き仕上げ頭金折鶴、下の籐巻き管と同時に完成しました。どちらもやや太めに製管してあります。いかがですか、吹き比べてみませんか。これが天然煤真竹の八つ割り返し管かと驚きますよ。
価格:460,000円(税別)



照楽作 天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金折鶴
  
照楽作の天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げの能管です。頭金は折り鶴、艶消しの薄墨に仕上げました。やや太めの管で、しっかり息が入ります。丸管特有の何となく物足りなさを感じるということからは程遠い管です。強さと繊細さを併せ持った管に仕上がっています。どうぞ試し笛をしてみてください。
価格:360,000円(税別)



照楽作 天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金ヤタ烏2管

照楽作の天然煤真竹八つ割り返しによる能管2管が完成しました。今までの能管よりさらに0.5ミリ(外径1ミリ増)短冊の厚みを増やしました。
  
(画像をクリックすると拡大します)
上の画像2管の内、上の方のものです。ずっしりとした重みがあります。音にもそれが現れていて、重厚感がありますが、不思議とよく鳴るんです。是非、お試しいただきたい笛に仕上がりました。材料的にはこのあたりが限界です。
価格:360,000円(税別)


  
(画像をクリックすると拡大します)
上の笛よりさらに0.5ミリ太くし、限界に挑みました。細管、標準管、太管、極太管が揃いました。同じ工程で製管していますが、出来上がった笛には微妙な響き方に違いがあります。太さから来る違いもあります。それを実際に吹いて体験してみませんか。試し吹き、お待ちしています。
価格:360,000円(税別)



照楽作 天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金ヤタ烏
売約済み、ありがとうございました
  
(画像をクリックすると拡大します)
照楽作の天然煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金ヤタ烏の能管です。森田流笛方の先生から是非太い笛をという注文を受けて、思い切って太くしてみました。八つ割りの短冊の厚みを1ミリ増やし、外径は都合2ミリ太くなり、それを削り込んで1ミリ増の外径にしました。ずいぶんと重量感が増しました。ずっしりとした渋みのある音色が特徴になりました。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金鯱鉾
売約済み、ありがとうございました

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返しによる能管です。下の画像と同時に仕上がりました。頭金は金の鯱鉾です。桜樺を巻きました。いい具合に仕上がっています。お薦めの1管です。
この笛は一噌流でお稽古を始められた女性に使っていただけることになりました。吹きやすさ、鳴りの良さの点でこの笛に決められました。うれしいです。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金富士
売約済み、ありがとうございました
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返しによる能管です。籐巻き薄墨で仕上げました。頭金は富士で、型作りではなく、彫金で作られています。鳴りすぎといわれることもある位、よく鳴る能管です。ヒシギも盤渉も楽に出せます。お薦めの笛です。
この笛は大阪在住の若い女性に使っていただけることになりました。これを機会に、森田流の先生のもとでお稽古を始められることになりました。末長く続けてください、応援してます。



照楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げ頭金折鶴
  
(画像をクリックすると拡大します)
照楽作の煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げの能管が完成しました。頭金は折り鶴です。泥楽作の能管のノドよりほんのわずかですが中心部を狭めてみました。盤渉もヒシギも楽々と気持ちよく出ます。能楽笛方一噌流の先生によるお道具調べの際に、この笛は鳴りのバランスがよく、ヒシギも全開音(盤渉)も楽に出ますね、音律も流儀の理想に近いものです、との評価をしていただきました。
その後、このお笛はお褒めいただいた一噌流の先生に、自ら舞台で使っていただけることになりました。早速、「翁・三番叟」を吹かれ、響きのよさ、音の通り具合などに好評を得ました。本当に光栄でうれしい限りです。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金獅子
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げの能管です。頭金は獅子にしました。下の籐巻き薄墨仕上げと同時に完成しました。心持太い堂々とした姿です。息もしっかり入ります。八つ割り返し特有の素直に響く管に仕上がりました。どうぞお試しください。
価格:460,000円(税別)




泥楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げ頭金亀
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げの能管です。頭金は亀にしました。上の画像の桜樺巻きと同時に仕上がりましたが、性格は全く違います。能管の不思議とでも言いましょうか、内径の寸法は同じですが、外径が若干細くなっています。つまり管体の煤竹の厚みが心持薄いということですが、それだけで吹きやすさの点が大いに違います。同じ息圧で吹いても響き方、鳴り方が違うんです。弱い息圧でもピンピン鳴ります。少々鳴りすぎかなという嫌いはありますが、原因は判りません。歌口の風切り角度やその周辺かな、という意見はありますが、兎に角鳴らし易い管に仕上がりました。是非吹いてお試しいただきたい能管です。
価格:360,000円(税別)



照楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げ頭金ヤタ烏二管


  
(画像をクリックすると拡大します)
照楽作のヤタ烏シリーズの第2弾、煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げが2管完成しました。安定した鳴りが特徴です。どうぞお試しください。
価格:360,000円(税別)


  
(画像をクリックすると拡大します)
同時に2管が完成しました。全く同じに作っても不思議に響き方や音色に違いが出ます。この笛も能楽笛方一噌流の先生によるお道具調べの際に、見た目より内径が広く、しっかりとした音が遠くまで差して行きますね、と、お褒めの言葉をいただきました。うれしいことです。
どうぞ手にとってその違いを味わってみてください。
この笛は一噌流のお弟子さんに使っていただけることになりました。丸管と比較して迷っておられましたが、素直な鳴り、息の入り方の良さなどの点で八つ割り返しのこの笛にされました。うれしい限りです。




泥楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金汐招き
売約済み、ありがとうございました
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げの能管です。意識して太い管に仕立てました。豪快さを優先しましたが、繊細さも兼ね備えてます。息の強い方、お使いの笛に物足りなさを感じている方には是非お試しいただきたい1管です。
この手強い笛は能楽笛方森田流の先生に使っていただけることになりました。光栄でうれしい限りです。今後の励みになります。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金老松
売約済み、ありがとうございました
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げの能管です。泥楽管も大分定着してきました。安定感のある鳴りが身上です。
この笛は、一噌流でお稽古されてる年配の女性に使っていただけることになりました。今までは花梨製の能管を使ってお稽古されてましたが、78歳のお誕生日、ご自分へのプレゼントとして桜樺巻きの最高級管をお求めになりました。うれしいことです。



照楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げ頭金ヤタ烏
売約済み、ありがとうございました
  
照楽作の煤真竹八つ割り返しの能管です。籐巻きで薄墨に仕上げました。頭金はヤタ烏です。鳴りも姿も申し分ありません。これから照楽氏の新シリーズがスタートしました。どうぞご期待ください。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管3管

泥楽作の能管が3管完成しました。どれも天然煤真竹の八つ割り返しの製法で作られています。どれもよく鳴りますが、それぞれに個性があります。是非試し吹きでその違いを体験してみてください。

桜樺巻き仕上げ頭金龍頭
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げの能管です。頭金は龍です。力強くよく鳴ります。よかったら試し吹きしてみませんか。どうぞお手持ちの笛と吹き比べしてみてください。
価格:460,000円(税別)



桜樺巻き仕上げ頭金獅子
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げの能管です。頭金は金獅子です。この笛もよく鳴ります。一噌流の寸法で製管しました。勿論森田流でも使っていただけます。この笛は東北の笛の好きな女性に使っていただけることになりました。うれしいことです。



籐巻き仕上げ頭金亀図
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金亀の能管です。太過ぎないかつ細すぎない、一番吹きやすい標準タイプの笛です。どうぞ手に取って試し吹きをしてください。
価格:360,000円(税別)



泥楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金波図彫金

(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し籐巻き波図彫金仕上げの能管です。頭金の画像が不鮮明ですが、実物は遠くの富士を眺めながら大波が逆巻く構図になっています。桜樺もいいですが、籐巻きも力強くていいものです。よかったら試し吹きしてください。次回完成は今秋11月の予定です。
価格:360,000円(税別)




金沢大聖寺林豊寿作 能管筒布袋付
売約済み、ありがとうございました

  
(画像をクリックすると拡大します)
国指定の特殊技術保持者、金沢大聖寺林豊寿作の能管です。全盛期の50年物です。完ぺきな姿と鳴り、響きを有しています。師は桜樺を使用せず、籐巻きに徹した方です。能管を一途に、他の笛は一切製管されませんでした。能楽に携われる方、お稽古に精進されてる方には一度は吹いていただきたい能管です。この笛は能楽愛好家に使っていただけることに決まりました。



泥楽作 天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金金獅子
売約済み、只今予約受付中
   
(クリックすると拡大します)
泥楽作の天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金金獅子の能管です。大阪在住の森田流をお稽古されてる方からの注文でした。森田流好みの筒音を低く出すための工夫がされています。落ち着いたいい音色に仕上がりました。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金金龍頭彫金
売約済み、只今予約受付中
  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作天然煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金龍頭彫金の能管です。画像下の籐巻き仕上げの2管が春の新作となりました。いい出来栄えだと思います。この笛は岡山市在住の森田流をお稽古されてる女性に使っていただけることになりました。次回完成は今秋11月の予定です。是非試し吹きをしてみてください。違いがわかります。



楽作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金金龍図
売約済み、只今予約受付中


(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し能管桜樺巻き頭金金龍図が完成しました。下の画像<、籐巻きと桜樺の3管の同時完成です。鳴りもよく、姿もよく、安定した能管になりました。八つ割り返しによる製管方法が定着しつつあるように思います。
この笛は島根県にお住まいの熱心な森田流のお弟子さんに決まりました。 



泥楽作 煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金金亀図
売約済み、只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹籐巻き呂色仕上げ頭金金亀が完成しました。落ち着いたいい音色です。能管には籐巻き呂色仕上げもよく合います。ヒシギとバンシキの音が出しやすいことに加え、呂と甲のバランスもよく、クリアーな音色が気に入られて熱心な森田流のお弟子さんに決まりました。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金龍図彫金
売約済み、只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し能管桜樺頭金龍図が完成しました。九州に在住の森田流を吹かれる方からの依頼でしたので、森田流の寸法で製管してあります。筒音、呂音が独特の音律に調整されています。



海廣作 煤真竹八つ割り返し桜樺巻き呂色仕上げ頭金獅子
  
(画像をクリックすると拡大します)
海廣作の煤真竹八つ割り返しの能管が久々に完成しました。病気療養を入れて約四年の歳月が流れました。堂々とした重厚な感じに仕上がっています。桜の樺に呂色を施し、敢えて桜の色を抑えながら、かざして見えるようにしてあります。鳴りも響きも重厚です。手強い管ですが、将来楽しみな能管です。



照楽作 能管2管(煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ)

照楽作の能管2管が完成しました。

煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金銀折り鶴
  
(画像をクリックすると拡大します)
照楽作の煤真竹八つ割り返し能管です。頭金は銀の折り鶴、桜樺で仕上げました。泥楽作の八つ割り能管とは趣が若干違いますが、ストレートによく鳴り、よく響く笛です。ちょっとモダンですが、銀の折り鶴を彫金し、頭金にしました。
価格:460,000円(税別)



煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金銀折り鶴
  
(画像をクリックすると拡大します)
この管も照楽作、煤真竹八つ割り返しで製管したものです。桜樺の色合いは上記と若干異なりますが、それぞれにしっとりとした味わいがあります。やさしそうに見えますが、なかなかに強くて丈夫なんです。籐のような剛のイメージはありませんが、気品のある淑やかさが感じられます。どちらもよく鳴る能管に仕上がりました。どうぞお試しください。
価格:460,000円(税別)



泥楽作 能管2管(煤真竹八つ割り返し)

泥楽作の能管が先月に引き続き2管完成しました。次回は来年秋の予定です。

煤真竹八つ割り返し桜樺巻き仕上げ頭金龍図彫金
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽の煤真竹八つ割り返しの能管です。頭金は金の龍図にしました。桜樺は見た目は優美で柔らかに見えますが、実際は引きに強いんですね。それは音色にも影響してるようです。柔らかに感じられるのですが、実際は逆で強いんですね。息もしっかり入ります。



煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金金亀図彫金
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げの能管です。頭金は金の亀図彫金にしました。銀に比べぐっと重みと豪華さが増します。籐巻きの特長は硬さにあり、それが音色に反映されるようです。どうぞ手にとって実際に吹いてきてください。煤真竹の八つ割り返しの良さが実感していただけると思います。



新管 泥楽作煤真竹八つ割り返し能管2管

泥楽作の能管が2管完成しました。どちらも煤真竹八つ割り返しですが、樺巻きと籐巻きに仕上げました。

泥楽作煤真竹八つ割り返し樺巻き仕上げ頭金龍図彫金
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返しの能管です。3厘幅の桜樺を巻いて仕上げました。頭金は銀と金の龍図の彫金です。鳴りは最高です。
(この笛は九州にお住まいの熱心な能楽愛好家に使っていただけることになりました)



泥楽作煤真竹八つ割り返し籐巻き仕上げ頭金獅子図彫金

売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中
   
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返しの能管です。籐巻きで仕上げました。上の桜樺管と姉妹管です。どちらもよく鳴ります。一段上のお道具に買い替えようとされる方には超オススメです。
(この笛は九州出身の森田流を吹かれる方に使っていただけることになりました)



照楽作 能管(煤真竹八つ割り返し、籐巻き薄墨仕上げ)

照楽作の能管が2管完成しました。どちらも煤真竹八つ割り返しです。
1管ずつ拡大してみます。
  
(画像をクリックすると拡大します)
売約済み、ありがとうございました。予約受付中

以前紹介した照楽の能管よりもぐっと力強くなりました。お神楽に、歌舞伎の下座や長唄に、また本来の能楽にとオールマイティにご使用いただる能管になりました。


  
(画像をクリックすると拡大します)
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中
同時に2管並行して製管しても音色や音質は微妙に違ってきます。どちらがいいかはお好みです。
(この笛は秋田県一噌流のお稽古会の方に使っていただけることになりました)



30年物新管能管 煤竹丸管籐巻き仕上げ
売約済み、ありがとうございました

  
(画像をクリックすると拡大します)
委託品です。30年物の煤竹丸管の新管の能管です。長らく眠っていた笛で、ほとんど使われていないとのことでした。傷みもなく、全くの新管同様の笛です。作者は判りませんが、丁寧な作りで、相当な笛師さんの作と思われます。個人的には京都の方ではないかと思います。委託者はお神楽に携わっていらっしゃる方で能管は吹かないとのことでした。



泥楽作 能管(煤真竹八つ割り返し、籐巻き薄墨仕上げ頭金獅子)
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

  
(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し能管2管が完成しました。頭金は獅子、籐巻きで仕上げました。舞台用に強目に作られています。音色を作るのは吹き手の息、どのような息にも応えられるよう理想的な内径を備えています。それが八つ割り返しの特徴です。



泥楽作 能管(煤真竹八つ割り返し、桜樺巻き仕上げ、頭金龍)
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

(画像をクリックすると拡大します)
同じく泥楽作の煤真竹八つ割り返し能管です。頭金は龍、桜樺で仕上げました。上の欄で音色を最終的に決めるのは吹き手の息と書きましたが、同時に2管出来上がって、同じ材質の竹で同じように作っても息の入り方や響き方に違いを感じます。楽器というのは不思議なもんです。これが個性なんでしょうか。どちらもいい艶の響きをもっています。



照楽作 新管能管(煤竹八つ割り返し、籐巻き薄墨仕上げ) 只今検討中
 
照楽作の煤竹八つ割り返し籐巻き薄墨仕上げの能管です。能楽や歌舞伎の下座音楽以外に祇園囃子や里神楽、祭り用能管として使っていただける仕様に仕上げました。頭金は用途に応じて金銀混合や燻銀、錦栓などをご用意いたします。まずは試し吹きをしてください。音色や音律は能楽器そのものとしてご使用いただけるよう製管してあります。皆様のご意見を取り入れながらこのジャンルに定着できる笛に育てて行きたいと考えています。忌憚のないご意見をお待ちいたします。今回は2管のご提供です。

(画像をクリックすると拡大します)
オーソドックスな蝉を黒檀に彫りました。


(画像をクリックすると拡大します)
売約済み、ありがとうございました
蝉そのままの形を黒檀に彫りました。



時代物 古管能管(明治初期)桜樺巻き仕上げ
売約済み、ありがとうございました

 
(画像をクリックすると拡大します)

明治初期の頃と思われる古管の出品です。旧家からの出だそうですが、敏長師が修理を手掛けたそうです。がっしりと重みのある、風格が感じられる管でした。なかなか手強い笛でしたが、熱心な方のもとに決まりました。



時代物 古管能管(江戸前期)桜樺巻き頭金金獅子
 売約済み ありがとうございました

(画像をクリックすると拡大します)
江戸初期から中期にかけての作と思われる能管です。極細に引いた桜樺が丹念に巻かれています。頭金は金獅子の彫金で、強さを強調した笛です。音色はやはり古管の貫禄といいますか、まろやかで澄んだ、こなれた音色です。複数回の修理を経ていますが、しっかりした造りで、まだまだ現役です。新管では到底出せない優しい音艶の、姿のいい笛です。プロの舞台用の笛として相応しい風格があります。傷みの激しいぼろぼろの筒に入ってましたが、他に普段用の替筒と袋がついています。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ 頭金亀 
売約済み、ありがとうございました。只今予約受付中

(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ頭金亀の1管です。九州の森田流の先生に使っていただけることになりました。光栄なことです。お蔭様で、煤真竹の八つ割り返しの製管方法がようやく評価されてきたように感じます。その音色と音艶、吹きやすさが身上です。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管桜樺巻き仕上げ富士尽くし

(画像をクリックすると拡大します)
泥楽作の煤真竹八つ割り返し能管桜樺巻き仕上げ富士尽くしです。一閑張りの笛筒は富士に波の図を蒔絵しました。また、頭金には富士を彫金してあります。富士山に拘った作を特別に注文いただきました。



海廣作 能管(古竹丸管、籐巻き仕上げ) 売約済み、ありがとうございました。予約受付中

(画像をクリックすると拡大します)
海廣作の能管です。古竹丸管で製管しました。丸管といえども太目です。剛を象徴する籐巻きで仕上げました。強い息で反応する手強い笛です。我もと思われる方、挑戦してみませんか。バランスのとれた素晴らしい鳴りです。
この笛はご縁があって京都の能楽笛方の先生に舞台で使っていただけることになりました。誠に光栄でうれしいことです。

お買い得、筒付です。

(画像をクリックすると拡大します)
海廣作の能管に藤の金蒔絵笛筒をつけました。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ 般若
売約済み ありがとうございました
  
(写真をクリックすると拡大します)
泥楽作の八つ割り能管籐巻き薄墨仕上げ、頭金は般若です。鳴りには抜群の安定感があります。
この笛はご縁があって九州の能楽笛方の先生に使っていただけることになりました。うれしいことです。



泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管桜樺巻き仕上げ 亀 
売約済み ありがとうございました

  
(写真をクリックすると拡大します)
引き続きご予約お受けしています

泥楽作煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ 唐獅子

売約済み ありがとうございました

  
(写真をクリックすると拡大します)
引き続きご予約お受けしています

泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ 獅子
売約済み ありがとうございました
  
(写真をクリックすると拡大します)
引き続きご予約お受けしています。

泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ 松 売約済み ありがとうございました
  
(写真をクリックすると拡大します)
引き続きご予約お受けしています。


泥楽作 煤真竹八つ割り返し能管籐巻き薄墨仕上げ 汐招き蟹
  
(写真をクリックすると拡大します)
泥楽作の八つ割り能管籐巻き薄墨仕上げ、頭金は汐招き(蟹)です。上の般若と鳴りは似ていますが、音色は心持ち硬い気もします。吹き比べができますので今がチャンスです。


海廣作 煤真竹八ツ割リ返シ能管  
只今予約受付中
  
(写真をクリックすると拡大します)
久々の海廣作煤真竹八ツ割リ返シ能管が完成しました。持てる技術を最大限に発揮し、充分に時間をかけて製管した理想的な能管です。私どもでは現在これが最高の笛だと自負しています。能管を心底愛する人に吹いてほしいと考えています。蝉の姿も形よく、気品にあふれています。頭金は龍。含みのある豊かな音色と深みのある響きが特徴です。

この能管はご縁があって京都の森田流笛方の先生に使っていただいてます。職分方の激しい息を充分に受け止められる笛として認められたことが嬉しいです。「響きについても鳴りについても満足です」というコメントをいただきました。これを励みにますます精進する覚悟です。



笛筒

一閑張笛筒 烏呂色仕上げ(純銀金具、飾り紐付)
 
烏の一閑張笛筒です。普段使い用の厚めのしっかりした管体に仕上げました。森田流の銀金具に紺系統の飾り紐をつけました。
価格:150,000円(税別)


一閑張笛筒 烏呂色仕立て(純銀金具、飾り紐付)
只今予約受付中
 
一閑張笛筒です。蒔絵のない烏呂色に仕立てました。シンプルですが、黒に銀がよく映えます。金具は森田流の形です。
価格:130,000円(税別)




一閑張笛筒 葡萄図梨地螺鈿金高蒔絵(銀金具、飾り紐付) 
只今予約受付中
 

 
一閑張笛筒です。呂色漆の上に梨地でグラデーションを施し、さらに葡萄図柄を金、螺鈿で蒔きました。見る角度によって光り方が変わります。派手ではなく渋みのある豪華な蒔絵になりました。呂色と蒔絵に磨きあげた純銀の金具がよく合っています。
価格:270,000円(税別)



一閑張笛筒 烏呂色立て(銀金具、飾り組紐付)
只今予約受付中

 
一閑張烏の笛筒です。金具を森田流に、飾り紐も流儀の紺色にしました。
価格:130,000円(税別)



一閑張笛筒 桜満開図金高蒔絵(銀金具、飾り紐付)
只今予約受付中
 
(画像をクリックすると拡大します)
一閑張笛筒です。蒔絵は桜満開図金高蒔絵で、見る角度によって赤が鮮やかに見えたり、金が強く見えたりします。金具は使われる方が森田流ですので、流儀に合った銀金具にしました。
価格:260,000円(税別)




一閑張笛筒 朱鷺図金高蒔絵梨地螺鈿蒔絵(銀金具、飾り紐付)
只今予約受付中
 
(画像をクリックすると拡大します)
一閑張の笛筒です。蒔絵図は、空高く舞い飛ぶ朱鷺をイメージして、金梨地から透明感のある青の螺鈿を施し、空間の広がりを表現したとのことです。依頼された方は新潟出身、朱鷺にこだわりがあるとのことでした。大いに満足していただけました。うれしい限りです。
価格:250,000円(税別)



一閑張笛筒 菊水図金蒔絵(銀金具、飾り紐付)
売約済み ありがとうございました

 
(画像をクリックすると拡大します)
菊水図の金磨ぎ出し蒔絵の一閑張笛筒です。緑の葉は一号金に青色素を蒔き、炭粉で磨ぎ出したものです。下の赤い桜図と同様、見る角度によって色合いが変わります。スパイラルに巻きつけた図がモダンに映えました。



一閑張笛筒 桜満開図金蒔絵(銀金具、飾紐付)
売約済み ありがとうございました
 
(画像をクリックすると拡大します)
桜満開図の一閑張笛筒です。金に顔料を蒔き、炭粉で磨ぎ出しました。見る角度によって金に見えたり赤っぽく見えたり、高度な蒔絵技術を駆使して蒔きました。桜に限らず、ご希望の図を蒔絵します。ご相談ください。



一閑張笛筒 昇り龍図金蒔絵(銀金具、飾紐付)
売約済み ありがとうございました

 
(画像をクリックすると拡大します)
勇壮な昇り龍を蒔絵にした一閑張笛筒です。燻銀をやめ銀本来の光沢を出した金具をつけました。梨地の雲上に昇る姿と顔が何とも勇ましいです。昇り龍に限らず、ご希望の図を蒔絵します。ご相談ください。



一閑張笛筒(銀製金具、飾紐付) 
売約済み、ありがとうございました。
 
 
(画像をクリックすると拡大します)
一閑張り笛筒、蒔絵は桐に鳳凰図梨地金蒔絵です。力強く堂々とした蒔絵です。



一閑張筒(銀製金具、飾紐付)売約済み、ありがとうございました。予約受付中
 
(画像をクリックすると拡大します)
一閑張りの笛筒です。棗に施された桜に朧月という注文でした。この筒にぴったりの燻し銀の金具と古代紫の飾り紐がつきます。



一閑張り 能管笛筒富士に波図蒔絵
 売約済み、ありがとうございました。予約受付中

富士山のリクエストに対して波と富士山の図を描いた一閑張り金銀蒔絵笛筒です。家紋をあしらった図、花鳥図など、ご希望の蒔絵を施します。



一閑張り 能管笛筒(烏、組紐付)

能管用一閑張り笛筒です。蒔絵を希望される場合は絵柄や種類など別途お申し付けください。軽くて丈夫、それが一閑張りの特徴です。源平十二玉組の古代紫の飾り紐がつきます。



一閑張り 能管笛筒金蒔絵秋草(飾り紐付き)只今予約受付中

女性に人気の金蒔絵秋草を施した能管一閑張り笛筒です。他に藤や葡萄など、ご希望の蒔絵を施すことができます。ご相談ください。



一閑張り笛筒 金蒔絵藤(飾り紐付き)只今予約受付中

藤を描いた金蒔絵です。秋草とともに笛筒の代表的な絵柄です。



一閑張り笛筒 金蒔絵藤(飾り紐付き)只今予約受付中

オール金蒔絵にした藤の図柄です。烏(無地、黒漆)の状態から蒔絵を施し、仕上げに呂色立をして独特の光沢を出します。図柄はリクエストがききますので、お好きな図の蒔絵が可能です。



小鼓皮(新皮・古皮)

人間国宝塗師藤鈴木作 60年物大極上極め付け朋皮
売約済み、ありがとうございました

 

 
人間国宝塗師藤鈴木作の大極上極め付け朋皮です。千綴じに糸切れなどありません。十六の塗りは剥がれが若干ありましたので、ご本人に直接塗っていただきました。70年くらい前の、その当時の最高級の皮とのことでした。それからしっかり打ち込まれていて、いい柔らかさになってよく響くようになりました。小鼓を打たれる方には最高の皮で、どちらかというと玄人向きの舞台用の皮です。
この皮は大倉流小鼓をお稽古されてる熱心なお弟子さんに使っていただけることになりました。うれしいことです。



30年物新皮 中宗銘大極上々朋皮
  
30年位の新皮と思われます。京都の皮で中宗という銘が押されています。よく打ち込まれていますが、千綴じも十六にも糸切れはありません。裏の金色の腰敷も傷みはなく、このままで使えます。調子も取れていて、気持ちよく鳴ってくれます。お買い得の皮だと思います。どうぞ試し打ちしてみてください。
価格:300,000円(税別)



30年物新皮 大極上朋皮
売約済み、ありがとうございました

 

 
30年物と思われる小鼓大極上の朋皮です。丁寧に打ち込まれてきた皮で、傷みは全くありません。腰敷にもひび割れはなく、しっかりしています。京都、大阪、金沢方面でよくみられる大極上の極め印が入っています。きめ細かい皮の表面は滑らかでしっとりしています。鳴りも最高で、よく通る深みのある響きです。これからまだまだ進化を続ける楽しみな皮です。
この皮は、これから鼓のお稽古を始められる方に使っていただけることになりました。うれしいことです。



小鼓新皮
 

 
できたての新皮です。最近では質の良い、いい皮が少なくなったといわれていますが、根気よく探せばまだまだあります。光に透かして見ればそのきめ細かさや質の良さがわかります。細い筋は良質の仔馬の証、血管の痕です。初めから打ち込んで育ててみたい方にはうって付の皮です。表裏のバランスをしっかり取ってありますので、最初から驚くほどよく鳴ります。価格的にも魅力のある皮です。
価格:180,000円(税別)



人間国宝塗師藤鈴木作 50年物大極上小鼓新皮
売約済み、ありがとうございました

 

 
人間国宝塗師藤鈴木師作の大極上の皮です。上の画像の30年物より古い50年位のものです。過酷に打ち込まれてきました。千綴じと十六の縫い、裏側の金色の腰敷も修理しました。
これで100年は十分に使えます。鳴り、響きなど実際にお試しください。柔らかい響きが特徴です。まだまだ進化してゆきます。能楽囃子小鼓の家元筋の先生から「この皮はプロの職分が舞台でも使える皮ですね」とお褒めの言葉をいただきました。



小鼓200年物 古皮 
売約済み、ありがとうございました
 
200年物と思われる小鼓の古皮です。狐色に変色した様子が時代を物語っています。金輪、花形、十六の漆と裏皮の腰敷の漆は補強のため塗り直してあります。音色には独特の艶があふれ出て、時代を重ねた風格を醸し出しています。皮自体も厚めで強く、しっかりとよく響いてくれる掘り出し物の老皮でした。



人間国宝塗師藤鈴木作 30年物小鼓大極上朋皮
売約済み、ありがとうございました

 

人間国宝塗師藤鈴木師作の30年物大極上の小鼓朋皮です。抜けのいいよく通る音です。千綴じ、十六、裏面の腰敷にも傷みはありません。安心して使っていただけます。響きは強めです。打ち込むことにより、さらに深みのある響きに育つと思います。楽しみな皮です。

この皮は潮来市でお祭りのお囃子に携わっている方に使っていただけることになりました。打ったときに手に伝わる感触のよさ、確かな響きに感動されていました。うれしい限りです。



40年物新皮 飛切大極上々
売約済み、ありがとうございました

 

 
40年物と思われる小鼓の新皮です。飛切大極上々と裏書きされています。質感のいい皮です。両面とも千綴じが縫い直され、裏の腰敷も新しく塗り直されました。これで100年は打ち込めます。手直し料が加算されていますので一見割高に見えますが、掘り出し物の特上の皮です。
この皮は能楽囃子をお稽古されている大倉流の方に使っていただけることになりました。鳴りの強い皮でした。



30年物新皮
売約済み、ありがとうございました
 

 
30年物の新皮です。裏書き有の朋皮で、鳴らしやすい皮です。ここから5年乃至10年打ち込めば見違えるほどの鳴りに育つはずです。将来が楽しみな皮です。
この皮は、幸流小鼓を学ばれてるお弟子さんに使っていただけることになりました。お道具調べの際にその方の先生が「私たちが舞台でも使える皮ですよ。私が買おうかな」と評されたそうです。これ以上の褒め言葉はありません。名誉でうれしい限りです。



小鼓古皮 上々入戸天印有 
売約済み、ありがとうございます

 
 
バランスがいいのか兎に角よく鳴る皮です。古い割には傷みもなく掘り出し物の朋皮です。裏面の腰敷は直されています。
できれば組として古胴と一緒に使ってほしい皮です。




10年物新皮
売約済み、ありがとうございました
 
お稽古用の新皮です。裏書きはありませんが、質のいい皮です。黙々と10年打ち込めば舞台でも使える皮に育つはずです。これからお稽古を始めようとされる方にはぴったしの皮です。



小鼓新皮 お稽古用練習皮 
売約済み、ありがとうございました
 
お稽古用の新皮です。まだ固いですが、打ち込むほどに鳴ってくるはずです。表裏の皮のバランスを調整している2年ほどの間に、驚くほどの鳴り方に変わってきました。この過程を味えるのが大きな楽しみです。  



小鼓古皮
売約済み、ありがとうございました



明治時代の皮です。さらに打ち込んでいきますともっともっと鳴ってくる器量のいい皮でしたが、表皮と下の画像の裏皮とを組にし、この裏皮と下の表皮とを組にしなおした所、さらによく鳴るようになりました。
 



小鼓古皮
売約済み、ありがとうございました

 

明治以前の皮だと思います。非常に古く、しかもよく打ち込まれてきた皮です。表皮と上の画像の裏皮とを組にし、上の表皮とこの裏皮を組にしました。さらによく鳴るようになりました。どうぞお試しください。
 



人間国宝塗師藤鈴木作30年物新皮大極上朋皮
売約済み、ありがとうございました
  
人間国宝の鼓職人塗師藤鈴木師作の新皮小鼓です。20〜30年位のものでしょうか。能楽用らしい老松の金蒔絵に十三段の段鉋に細かい手彫りの鉋目が施されていました。皮は朋皮と思われる大極上壬子裏書きと丸藤と鈴木の印が押されています。現時点で新規に購入すると相当の金額になるでしょう。どちらも能楽小鼓の家元筋の先生にお買い上げいただきました。うれしいことです。 



40年物新皮 大極上々刻印
売約済み、ありがとうございました
  
  
40年位の新皮です。セットで組まれていた胴は、九段の段鉋に筋彫りの鉋目がつけられていました。蒔絵は上品な扇図の金平蒔絵、全く傷みはなく、音の良く抜ける見事な胴でした。皮は朋皮で両面の裏に画像のような大極上の裏書きがされています。十六や千綴に傷みはありません。よく鳴るいい皮です。作者は人間国宝の塗師藤鼓職人で間違いないと思われます。胴と皮は別々に売約となりましたが、どちらも能楽鼓方の元に決まりました。うれしいです。全く隙のない完璧な道具でした。 



50年物新皮 大極上々裏書き刻印
売約済み、ありがとうございました
   
50年物の新皮です。大極上々の裏書きのある皮です。胴はシダ類と思われる蒔絵付の丸彫りの胴がついていましたが、お稽古用の道具としても力不足の胴でした。皮については裏書き通り、大極上々の一級品でした。 



30年物新皮 大極上裏書
売約済み、ありがとうございました

 


金蒔絵を施された新胴と新皮の組み合わせです。仕立てがよく、裏書きもありました。表裏のバランスがよく、極めてよく鳴る皮でした。



小鼓新皮 お稽古用練習皮 
売約済み、ありがとうございました

 
打ち込んで20年位の新皮です。大分柔らかくなり、よく鳴るようになりました。見た目には上の皮と変わりなく見えますが、皮の張り具合にちょっとした余裕が出てくるんですね。それが表皮と裏皮のバランスによって響きあうんです。鼓の皮って不思議です。



小鼓古皮 大極上別撰花押有  
売約済み、ありがとうございました
 
 
大極上別撰の朋皮の古皮です。表の千綴や十六に傷みはありません。裏側の金色の部分(腰敷)にひび割れもなく、きれいな状態です。これからじっくりと打ち込んで育てて行きたい方には最高の皮だと思います。丸に京の花押は上の老松金平蒔絵についてる丸に藤の花押と並んで超横綱格の皮とされています。本当によく鳴る皮でした。



小鼓古皮 天真至上命駒 京林 
売約済み ありがとうございました

 
 
上の大極上別撰と同様、最高峰に属する朋皮です。”天真至上命駒 京林”と裏書され、花押が押されています。ふくよかさといいますか、響き方に奥深さを感じます。



小鼓古皮
売約済み、ありがとうございました



花押入りの大極上の皮です。皮質が柔らかく、いかにもよく鳴るという皮です。生後半年以内の仔馬の鞍下の特上皮です。上品な音がしています。



小鼓古皮 
売約済み、ありがとうございました
 
よく打ち込まれた皮です。大正から昭和の初期の頃でしょうか。皮の組み合わせは大変難しく打ち人の手によっても変わります。是非とも画像だけで判断しないで実際に打ってみてください。組み方がわからない場合には出張します。遠慮なくお申し付けください。



小鼓新皮

売約済み、ありがとうございました

 
打ち込まれて20年くらいの新皮です。いい具合にバランスが取れ、新皮のわりにはいい鳴りになりました。裏面の腰敷もピッカピカです。



10年物新皮
売約済み、ありがとうございました
 
まだまだこれから打ち込まれる皮ですが、お稽古用にはぴったしの皮です。合成用をお考えの方には絶対のお奨めできる皮です。毎日打ち込んであなたの響きをお作りください。



小鼓・胴(新胴・古胴)

小鼓古胴 江戸後期萩図梨地金平蒔絵十三段カンナ目彫り (お買い得品)
  
江戸後期の作と思われる小鼓の古胴です。萩と牡丹図の梨地金平蒔絵が施されています。請は十三段の段カンナに細かな筋目彫りの品のある古胴です。縁に小さなすれ傷があるくらいで他に傷や漆の浮きなどはありません。お買い得の古胴です。
価格:160,000円(税別)



100年物小鼓芒図金・梨地蒔絵古胴十一段縦筋カンナ 
売約済み、ありがとうございました

 

 
100年物の小鼓の古胴です。請は十一段の段カンナに縦の筋彫りが施され、巣間には薄い段カンナに百足状の印カンナが彫られています。外側は下地漆の上に呂色漆が塗られ、芒図の金と梨地による蒔絵が描かれています。革当たりの部分は皮が常に締められた状態が長く続いたようなすれ跡がついています。音の抜けは良く、どちらかというと張り胴の感じがあり、どの皮にもよく合う皮です。(掘り出し物)

この胴は塗師藤作の30年物大極上の皮と共に、潮来市でお祭りのお囃子に携わっている方に使っていただけることになりました。打ったときに耳に伝わる確かな響きに感動されていました。よく抜ける胴に感謝していただけました。うれしい限りです。



30年物新胴 二葉葵図金梨地蒔絵九段鉋目彫り
売約済み、ありがとうございました

 

二葉葵図金梨地蒔絵を施された30年物の新胴です。九段の段カンナに細かな縦筋の目が彫り込まれています。出所は京都方面でしたが腕のいい職人さんの作と思われます。音の抜けも上々で、よく響いてくれる胴です。
この胴は大倉流小鼓をお稽古されている方に使っていただけることになりました。うれしいです。



時代物 小鼓古胴桜の朱の蒔絵
売約済み、ありがとうございました
  
この胴も相当に古いものです。元禄期あるいはそれ以前と思われる格上の古胴です。よく使い込まれた感じの擦れがあります。桜の材料は使い込まれるほどに色合いが増して黒光りしてきます。その光沢が何ともいえません。いい道具を見ることは何よりの癒しになります。手彫り9段の段鉋で細かい目が入っています。
この古胴は大倉流小鼓をお稽古されてる熱心なお弟子さんに使っていただけることになりました。うれしいことです。




時代物 小鼓古胴菊花蝶図金蒔絵 
  
受けの彫りに特徴のある胴です。江戸末期から明治の作でしょう。9段の段鉋に少し荒めの目が彫られています。お稽古用には十分の胴です。
価格:80.000円(税別)



30年物 小鼓牡丹蝶図金蒔絵胴十一段鉋目彫り
 
 

30年位の胴だと思われます。十一段の粗め鉋に筋彫りが施されています。音の抜けは良く皮選びをしません。古い皮にも新しい皮にも良く馴染んでくれます。どうぞ試し打ちをしてください。
価格:160,000円(税別)



時代物 明治期の古胴梅竹金蒔絵九段筋違い鉋目彫り 
 
お稽古用にはぴったりの胴です。蒔絵に浮きはなく、状態はいいです。筋違い鉋と呼ばれる珍しい鉋目の入った胴です。
この胴は、大極上の皮と共にこれから鼓のお稽古を始められる方に使っていただけることになりました。うれしいことです。



新胴 金平蒔絵丸彫り
 

大極上の皮付で入手しましたが、皮だけが売約済みとなりました。この胴にしては皮が上等すぎました。蒔絵がしっかりしていますので、床の間のお飾り用に使えそうです。
価格:20,000円(税別)



時代物 小鼓古胴松竹梅図金蒔絵九段鉋目彫り
売約済み、ありがとうございました

 
 
明治のころと思われる古胴です。松竹梅を丸紋の中に、花菱を全面に施す豪華な金蒔絵が描かれています。九段の段鉋に細かな目が彫られています。音の抜けもよく、皮選びのない特上の古胴です。



時代物 小鼓古胴(江戸初期)十一段鉋筋目彫り有 
売約済み、ありがとうございました
 
江戸初期のころと思われる小鼓の古胴です。蒔絵のない烏胴ですが、音の抜けは抜群です。十一段の鉋に細かな筋彫りが施されています。やや小振りですが、存在感のある力強い胴で、どの皮にも相性良くなってくれました。



時代物 小鼓古胴(明治初期)能面図蒔絵百足鉋 
売約済み、ありがとうございました

   
明治の初期ころと思われる古胴です。ちょっと変わった鉋目で、百足鉋と呼ばれています。この胴も皮好みをせずよく鳴ってくれます。蒔絵は能面で、上下対称に描かれています。シンプルでいい胴です。



新胴 扇図金平蒔絵九段鉋、鉋目彫
売約済み、ありがとうございました

 
姿のいい新胴です。下の老松図蒔絵の作者と同じように見えます。



新胴新皮 老松金平蒔絵十三段鉋目彫最高級大極上朋皮
売約済み、ありがとうございました

  
 
この老松図金蒔絵胴の胴も上の扇図と同様、人間国宝塗師藤鈴木師作の大極上の新胴です。十三段の段鉋に細かな目彫りが施されています。若手の能楽士にお買い上げいただきました。



時代物小鼓 元禄期の古胴梅花金高蒔絵十三段鉋目彫
売約ずみ、ありがとうございました
  
この胴は江戸元禄期の古胴で、色調を様々に変えた梅花の金高蒔絵が施されています。造りは十三段の段鉋に、細かくしっかりとした鉋目が彫られています。音の抜けは抜群によく、皮選びをしません。どの皮にもよく合います。お稽古用鼓というより一段上の舞台用としても十分使える胴です。



時代物小鼓 朱の古胴(花押有)
  
この胴は江戸時代後期から明治にかけてと思われる古胴です。はっきりと読めませんが、作者の花押が墨書きされています。胴の漆としては呂色(黒)が一般的ですが、珍しい朱色が施されています。還暦を過ぎ、長寿を愛でる意味合いから朱に塗られたのでしょう。下地がしっかり作られているため、塗りがびくともしません。裏側の受けは十三段鉋で細かい鉋目が彫られています。十三段鉋は元禄以降多用された彫り方で、材質の桜の色と合わせて江戸後期〜明治あたりと見るのが妥当と考えます。胴の不思議さで、一見よく鳴るように見えますが、うんともすんとも鳴ってくれません。何故かを必死で考えているのですが、答えが見つかりません。それが解明できるまで、非売品といたします。



お稽古用小鼓 梨地に鈴の金蒔絵の胴に古皮付 (布袋・皮のケース付)
売約済み、ありがとうございました

 
 

梨地に鈴図の金蒔絵、お稽古用の胴に古皮がついた一組です。皮と胴の別売りも可能です。表皮にはカンニュウが入ってます。裏側の腰敷も傷みはありません。胴には薄く鉋目が入ってます。あくまでもお稽古用として紹介します。



時代物小鼓 扇の金蒔絵十三段鉋目彫の古胴と皮 
売約済み、ありがとうございました

 

 
明治から大正にかけてのお道具です。十三段鉋目彫の胴には扇の金蒔絵が施されています。人気のある図柄なのでしょう。音の抜けもよく、お稽古用には十分のお道具です。他の皮との組換えも可能で、好みの音作りができます。



時代物 小鼓古胴松に亀金蒔絵 
売約済み、ありがとうございました

  
江戸後期〜明治にかけての古胴です。松に亀の蒔絵が施されています。受け口には13段の段鉋で、細かく目が掘られています。どの皮にも相性はよさそうで、よく抜けます。



時代物 小鼓古胴波に千鳥の蒔絵
売約済み、ありがとうございました

  
銀の波に金の千鳥、かわいい蒔絵です。明治の初期ではないでしょうか。手彫り9段の段鉋ですのでもう少し古いかもしれません。古いわりには使用感が少なく、皮当りによる擦れが少ないような気がします。使い込まれてきたというより大切に扱われ、飾り胴としても役割を果たしてきたのかもしれません。風越及び巣は極力細く彫られているからなのでしょう、全く鳴ってくれません。床の間のお飾り用として十分役立ちます。



時代物 小鼓古胴桜の金蒔絵 売約済み、ありがとうございました
  
この胴は相当に古いものです。江戸初期のものです。よく使い込まれたいい胴です。漆と蒔絵が浮いたいたので、似た絵柄に蒔絵をし直しました。最初の木地直しから下地、呂色立てと、しっかりした輪島の漆を施しましたので、末長く安心して使っていただけます。手彫り八段の段鉋で音の抜けは抜群で、惚れ惚れする響きです。よく打ち込まれたいい皮と出会えれば職分の先生方の舞台用として十分に耐え得る胴です。どなたの眼にとまるかを楽しみにしていましたところ、小鼓方の家元筋の先生のお目に留まりました。光栄なことです。



小鼓 新胴新皮
  

人間国宝塗師籐鈴木師作の小鼓新胴新皮です。初心者用のお道具です。出来立てですのでまだまだ硬いですが、音の抜け方はさすがです。じっくりと打ち込んでほしいものです。お稽古用には最高です。
(このお道具はお取寄せとなります)
価格:420.000円(胴と皮調付、税別)



大鼓


50年物 大鼓新胴鳳凰松図金高蒔絵13段鉋目彫り
 

  
50年物の新胴大鼓の胴です。松に鳳凰図が高蒔絵で描かれています。13段の手彫り段鉋で細かな鉋目が彫られています。焙じた皮を当て、根気よく打ち込めばいい胴に育って行くと思います。どちらかと言えばプロ向きの、楽しみな新胴です。
価格:420,000円(税別)



時代物 大鼓古胴鳳凰図金高蒔絵
  
江戸時代後期から明治にかけての作と思われる大鼓の古胴です。しっかりとした呂色地に鳳凰図の金高蒔絵が施されています。手彫り14段鉋で、細かく鉋目がついています。皮を焙じて打ってみますと、乾いた感じのカ〜ンという、よく抜けた澄んだ音がします。皮当りによる擦れがあるものの漆自体に浮きはありません。使い込まれてきた感じがします。
希望価格:240.000円(税別)



時代物 大鼓古胴松鶴図金蒔絵
  
上の鳳凰図金高蒔絵の古胴とほぼ同時代の作と思われる大鼓の古胴です。しっかりとした呂色地に松と鶴の金蒔絵が施されています。漆の浮きはありません。音の抜けも抜群で、手彫り16段の段鉋が風格を感じさせてくれます。但し能楽だけに使われてきたものではなさそうで、皮当りの部分には手打ち(指打ち)だけではつかない打ち跡がついています。使い込まれた感のする古胴です。



謡本・手附
宝生流謡曲全集


寛政11年初版、明治44年改訂発行の宝生流謡本の全集です。5番綴じ内20冊100曲、外同22冊110曲の計210番です。昔の文字、達筆で読むには少々訓練がいりますが、貴重な本です。向学心のある方どうぞ。
価格:42.000円(税別)



観世流謡曲集

観世流謡本5番綴り内2〜21の105曲です。
価格:21.000円(税別)



一噌流笛指附集 売約済み、ありがとうございました

一噌流の笛指附集です。一噌流能管全曲の指附けがなされた珍しい本です。能囃子を勉強する人には必携の一冊です。


お好きなページに移動します。
邦声堂トップページ
新管情報(在庫状況)
注文製管の部屋
ネットショッピングお買い得情報(追加商品あり
祭囃子・獅子舞・神楽の部屋
雅楽の部屋
横笛研究会・通信指導(笛作りメール会員募集)
横笛クリニック(笛の修理専門コーナー)
横笛特集
邦声堂からの提案(音楽専科の教員になる人のために
広げよう横笛の輪 横笛リンク集


画像をご覧になって、ご興味を持たれた場合はどうぞご連絡ください。宅配便にてお送りします。そして実際に手にとって吹いたり、打ったり、眺めたり、納得行くまでご覧いただきご決断ください。

邦声堂連絡先・ご注文方法

商品のご注文、お問い合わせは、電話、FAX、郵便、お問合せフォームでの「送信」ボタンにてお受け致しております。
各商品の欄のボタンを押して、「問合せフォーム」へお進みください。
記入欄に書き込みましたらFAXまたは郵送の場合はそのまま「印刷」してください。
「送信」ボタンを押しますと、邦声堂の高橋宛のメールとなって自動的に発信されます。
代金は、商品代+実費送料相当となります。
折り返し、商品をお届けいたします。発送商品には請求書、銀行振込み用紙を同封いたしますので、指定の口座にお振込みください。
海外からのご注文につきましては当面、銀行口座へのお振込みを確認後、配送を行いますのでご相談ください。
価格欄は、価格表をご覧になり、不明の場合は内容をお問い合わせご確認の上、注文書の価格欄にご記入ください。

TEL. 0428-20-7567

FAX.0428-24-9850

邦声堂
〒198−0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3−525−5
代表:高橋尊信
E-mail: yokobue.takahashi@nifty.com


直接お越しになる場合は予めご連絡をお願いします。(日曜・祭日もOKです)
使用しております写真、表、記載内容などの複製、再利用はご遠慮ください。

■通信販売法に基づく表記
平成10年6月通産省より通達のありました訪問販売法の改正によって、インターネットで代金を受け取る販売を行う場合の、訪問販売法第8条に基づく通信販売業者の告知義務により、以下の義務項目を表示しています。
店舗名:邦声堂
販売業者:邦声堂
責任者:高橋 尊信
所在地:〒198-0043
東京都青梅市千ヶ瀬町3-525-5
TEL/0428-20-7567
FAX/0428-24-9850
URL http://yokobue.la.coocan.jp/
E-Mail yokobue.takahashi@nifty.com
商品代金 商品紹介ページに記載
有効期限 変更あるまで
不良品:取扱い商品全般につきまして、欠陥のあるものに対しては交換します。
返品:商品の返品は原則としてご容赦ください。
商品以外の料金:消費税、送料をご負担いただきます。
引き渡し時期:注文受付後1週間以内。特別注文品は完成時期、納品時期を別途お知らせします。
お支払方法:銀行振込もしくは郵便振替
手数料:お客さま負担でお願いします。
お支払い期限:商品到着後3日以内
返品期限:商品到着後、7日以内
返品送料 お客様ご負担でお願いします。